カテゴリー別アーカイブ: #01_JICF_riders

宮本隼輔(中央大学)

2017年3月:JICF年間最優秀選手表彰
男子トラック部門受賞コメント

宮本隼輔 みやもとしゅんすけ
中央大学 4年/山口県立防府商業高等学校

Q:受賞おめでとうございます!今の心境は?
ありがとうございます!
怪我を乗り越えての受賞なのでとても嬉しいです。
復帰にあたりたくさんの方に協力していただいたので全ての方々に感謝しています。

2016インカレ男子スプリント表彰 宮本選手はケイリンでも優勝を飾り2冠達成 Photo by F.Fukai

Q:今シーズン印象に残っているレースは?
インカレの男子スプリント準決勝で明治大学の曽我選手と戦ったことはとても印象に残っています。
普段から仲良くしてもらっているので最後のインカレで戦えて嬉しかったです。
色々な場面で何度も戦っていますが戦うたびに強くなっている印象を受けていましたし、インカレの勝ち上がりも強さを見せつけていたのでとても緊張感がありました。

2016インカレ男子スプリント 先行する曽我選手(明治大学)と宮本選手(中央大学)、この年代を代表するスプリンター同士の戦いは大会を盛り上げた Photo by F.Fukai

負けられないプレッシャーを感じながらも同級生として正々堂々と楽しんで戦うことができました。

Q:普段コンディションを整えるためにやっていることは?
毎朝1人で行う30キロのロードワークを大切にしています。
決して長い距離ではありませんがペダリングや体の反応を確かめるための大切な時間です。
コンディショニングを整えるのはパワーマックスを活用しています。
朝のロードワークで感じたことを午後にパワーマックスを使ってメニューを組んでいます。
ウエイトトレーニングで身体の反応スピードをあげるトレーニングも取り入れます。

全日本学生TRS第3戦(JICF INTERNATIONAL TRACK CUP)の男子ケイリンでも外国人選手と並び表彰台にあがった宮本選手(中央大学)

Q:大学から競技を始めたばかりの選手や将来、学連に入ってくる選手に伝えたいことなどありますか?
私は人に何かを伝えられるほどの選手ではないのですが、大学から新しいスポーツ競技を始めるという覚悟を持った選手はとても尊敬しています。
そういう人は自分の意思や考えをしっかり持った人だと思うので自分を信じて頑張ることが1番だと思います。

Q:最後に一言メッセージを
大学最後の年に年間最優秀選手になれとても嬉しく思います。指導者、仲間、環境に恵まれました。
これからは自転車を職にできるよう、より一層自覚を持って取り組んで行きたいと思います。
ありがとうございました。

選手プロフィール
宮本 隼輔選手(みやもとしゅんすけ)
中央大学4年/山口県立防府商業高等学校

2016JICF男子トラック部門年間最優秀選手
2016岩手国体男子スプリント 優勝
2016インカレ男子スプリント 優勝
2016インカレ男子ケイリン 優勝

2016年8月25日-28日:文部科学大臣杯第72回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会

男子ケイリン・スプリント優勝
宮本隼輔(みやもとしゅんすけ )
中央大学 4年/山口県立防府商業高等学校

Q:優勝おめでとうございます!今の心境は?
ホッとしました!昨年、背骨を骨折して2ヶ月間の入院生活を終えた後、辛く苦しいリハビリをしましたが、宮本なら勝てるでしょ!と言う声が多く相当プレッシャーを感じていました!

プレッシャーに負けないように努力を積み重ね勝ち取った優勝なのでとても感慨深いです!

 

Q:レースの勝因につながったと思うポイントは?
ケイリン、スプリント共に力で勝ちに持っていけたと思っています。勝機を見逃さず攻め切れたこともそうですが、1番の勝因は誰よりも練習したことだと思います!

14138761_1746298925625742_4333554671604829794_o
ケイリン決勝 フィニッシュシーン。 2種目とも2位 坂井選手(日本大学)との好勝負による勝利となった。

 

Q:感謝の気持ちを伝えたい人は?
中央大学自転車競技部の同期の走り、応援が力になり良い結果を出すことができました!

14138192_1746299005625734_4973381549757476397_o
ケイリン表彰

また、たくさん心配をかけた家族にメダルをかけることができて良かったです!感謝してます!

14184372_1746302245625410_7966563778743208001_n

Q:最後に一言メッセージを
今シーズンは怪我明けのシーズンということで上手くいかないことが多くひたすら努力の1年でした。
最後に有終の美で終わることができ、やってきて良かったと感じています。
この後、今シーズンのトラックレースは都道府県大会、国体と続くのでアマチュア最後の年を最高の形で締めくくれるように頑張ります。沢山のご声援ありがとうございました!


2016年8月25日(木)〜28日(日)、文部科学大臣杯 第72回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会が会 場 静岡県伊豆市大野 日本サイクルスポーツセンター で開催されます。

16ic_bana_0001

今大会が最後のインカレとなる4年生に質問をしました。


中央大学4年の宮本 隼輔選手(みやもとしゅんすけ)。  山口県立防府商業高等学校出身です。

14002481_1737540533168248_1470242401_o

Q:最後のインカレにむけて心境は?
特に最後だからとかはなく、いつも通りに調整できています!
昨年から優勝がないので挑戦者として優勝を目指したいと思ってます!

Q:過去のインカレで印象に残っている大会は?
特別に印象に残っている大会は無いです!ですが、3年の時に出場することができず外から見た長野インカレは1番悔しい思い出です! 人それぞれ想いがあると思いますが、僕の中ではインカレは他の大会と変わりません!

Q:大学生活を自転車競技に捧げてよかった?
大学での生活はたくさんの事を経験することができているので自転車競技にだけに捧げてきた感じはありません!大学を卒業してから捧げていこうと思っています!

Q:同世代を代表する選手を3人挙げると?
徳田優選手/鹿屋体大・小林泰生選手/日体大・ 森本尊也選手/明治大

Q:最後に一言メッセージを
有終の美を飾れるように頑張ります!

選手プロフィール
宮本 隼輔選手(みやもとしゅんすけ)
中央大学4年/山口県立防府商業高等学校

沢田桂太郎(日本大学)

 


2016/11月:RCSクラス1在籍の1年生選手紹介 

 Q:大学生になって初シーズンですが、学連レースの印象は?
僕の脚質的に学連レースとして行われる静岡県修善寺CSCや長野県木祖村のようなコースではついて行くことすら厳しかったんですが、行田のようなクリテリウムなら戦っていけるかなと感じました。
ただ次戦以降、走る事になるクラス1は見るからにスピード感が違うので、走ってみないとわからないです。

15259552_1789436631311971_2328690369348606598_o
RCS第8戦 行田ラウンド クラス2Aで先頭をひく沢田選手(2016.11.13)

Q:授業やキャンパスライフはどうですか?
僕が入った日本大学のスポーツ科学部は今年からできた新学部で将来スポーツ選手になる人やスポーツに携わる仕事がしたい人のための学部です。
校舎も新設された新校舎で最新のトレーニング器具や研究機器もあります。1年生の間は授業が忙しくなかなか使える機会は少ないですが、2年以降は時間ができると思うので有効活用していけたらいいなと思います。
正直遠征や合宿が多かったので今のところ部活動以外の交流はほとんどありません笑
今後交流を増やしていけたらなと思います!

Q:平日の練習内容について教えて下さい。
今はオフトレ期間なのでプールやウエイト、パワーマックスを使った練習を主にしています。

Q:今シーズン印象に残っているレースは?
クラス1昇格を決めた行田のRCS第8戦 浮城のまち行田ラウンドです。
しばらく勝てないレースが続いていたので久々に勝ちの気持ち良さを感じることができました。

15000858_1206414492783016_2726070392646780403_o
RCS第8戦 行田ラウンド クラス2Aフィニッシュシーン(2016.11.13)
15025398_1206414802782985_7429222753177336688_o
RCS第8戦 行田ラウンド クラス2Aで優勝(2016.11.13)

Q:チーム一押しの同級生は?
山崎嵩浩選手です。
彼は高校までラグビーをしていて大学に入ってから自転車を始めたのですが、人一倍の頑張り屋さんで今では他の1年生と同等に走れるレベルにあると思います。

今後レースの経験が増えればもっと伸びる選手だと思うので今後の伸び代に注目です。

Q:他大学の選手と交流はありますか?
大会などでフラフラ歩き回っていていろんな人とよく話すので仲良くしている選手は挙げだしたらきりがないんですが、高校から変わらず仲がいいのは中央の今村選手です。それと明治の田川選手も寮が隣なので一緒にご飯を食べに行ったりします。

Q:来年度、学連に加入する高校生に何かアドバイスを
大学で自転車を続ければ強くなれると思う人はい多いと思いますが、現実は違います。
高校ではやらなければいけない環境の中でやっているので伸びる選手は伸びると思います。
しかし大学は部の練習+αを自分で考えてトレーニングしなければ強くはなれないと思います。
大学に入るならまずはどんな練習をするかではなく、どんな心構えを持って大学に入学するするかということが大切だと思います。

15194596_1215331208558011_2276143243190328059_o
トラックレースでもTRSクラス1選手として活躍中 (2016.11.20 全日本オムニアム ポイントレースにて撮影)
13047947_1690834784505490_7119942730514737938_o
入学早々の2016年4月。全日本トラック団抜きで日本大学チームとして優勝している。

Q:最後に一言メッセージを
いつも応援ありがとうございます!
最近は勝てないレースが続いていますが、ここからまた頑張っていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします!”

選手プロフィール
沢田桂太郎 さわだけいたろう 
日本大学1年/東北高校(宮城県)

主な戦績
2016RCS第8戦浮城のまち行田ラウンド クラス2 優勝
2016UCIジュニアネイションズカップ ナショナルチーム

 

2016/07月:全日本学生選手権個人トラック出場選手紹介

16jicc_tr

選手コメント
今回の学生選手権個人トラックは、スプリントとマディソンに出場する予定です。

高校時代は主にタイムトライアル系種目を中心に走っていたので、レース系種目が苦手でした。今後はタイム系、レース系どちらも強い選手になりたいです。

スプリントは初めての出場ですが、自分の可能性を見出せるように頑張ります。マディソンは全日本選手権トラックの雪辱を晴らせるよう頑張りたいと思います!

大学に入学して、環境の変化があったためか、まだあまり調子は上がっていません。ただ、短距離種目のタイムはそこそこ出ているので状態は悪くはないと思います。

今シーズンはインカレの団抜きで優勝して日本大学のインカレ総合優勝に貢献すること、去年果たすことができなかったJr世界選手権でメダルを取るという目標を果たしたいと思っています。

多くのひとに自転車競技を楽しんで見てもらえるように頑張りたいと思います。ご声援よろしくお願いします!

選手プロフィール
沢田桂太郎 さわだけいたろう 
日本大学1年/東北高校(宮城県)

主な戦績
16全日本選手権トラック TP 優勝
16Jrアジア選手  1kmTT  2位
15Jr世界選手権オムニアム  6位

近藤翔馬(法政大学)


2016/11月:RCSクラス1在籍の1年生選手紹介 

Q:大学生になって初めてのシーズン、学連レースの印象は?
学連レースを走ってみた感じは、高校の時よりスピード感があって楽しいです。
しかし、レース前は緊張して心臓が飛び出そうでした。
ノミの心臓なもんで。

Q:キャンパスライフはどうですか?
法政大学では文学部の哲学科に在籍してます。
哲学の授業はいつも知らない言葉が飛び交っていて毎回頭がパンクしてパンク修理が大変です。
授業や部活動以外では同じ体育会に所属する同級生と話したりするぐらいのキャンパスライフを楽しく過ごしています。

Q:平日の練習内容について教えてください。
最近は朝が暗くて自転車に乗れる時間が短くなったので、筋トレや、パワーマックスなどの室内でのトレーニングを主にしていて、土日にロード練習で乗り込むっという感じです。
週末はレースが毎週あるのでレースが練習って感じになっています。

Q:今シーズン印象に残っているレースは?
やっぱり優勝したRCS第5戦湾岸クリテリウムです。
あの日は調子が悪く、ついていくのがやっとで、どうやったら勝てるのかだけを考えて走りました。

13926037_1109267729164360_5902196362037635006_o

13662246_1105656406192159_3568570474476517530_o

13640905_1105656552858811_6777636542062214415_o
RCS第5戦 湾岸クリテリウム クラス2Bで優勝(2016.7.30)

Q:チームで一押しの同級生は?
上野恭哉選手です。
最近は地元の方言が段々薄れてきて、標準語になりつつあるのですが、それを嫌がって方言を使うのですが無理に方言を話している感じがして可愛いです。

Q:他大学の選手との交流は?
曽我部選手(京産大)と、金田選手(中央大)はレース会場で会うとよく話します。
最近は徳田匠選手(鹿屋体大)と貝原選手(日大)とちょくちょく話します。

Q:来年度、学連に加入する高校生に何かアドバイスは?
RCSのようなシリーズ戦ではクラスが上がる度に、スピード感が全く変わってくるので、速いスピードでの練習をして、速いスピードに慣れる練習をお勧めします。
自分はスピードに慣れるのに苦労しました。
あとはベロドロームでのレースが多いのでベロドロームで走り慣れておいたほうがいいですね。

Q:最後に一言メッセージを
いつもサポートしてくれている家族に感謝し、僕たち学生が良い環境でレースを走れているのを当たり前ではない。ということを心に置いて、学生である自分たちを応援してくださっている方々に少しでもサポートしてよかったと思えるように一戦一戦全力で頑張ります。

足は無いですが、気合いと根性だけはあるので応援宜しくお願いします!!

選手プロフィール
近藤翔馬 こんどうしょうま 
法政大学1年/松山聖陵高等学校(愛媛県)

主な戦績
2016RCS第8選行田ラウンド クラス1 6位
2016RCS第5戦湾岸ラウンド クラス2 優勝
2016RCS第1戦飯山ラウンド クラス3 優勝

徳田匠(鹿屋体育大学)


2016/11月:RCSクラス1在籍の1年生選手紹介 

Q:大学生になって初めてのシーズンですが学連レースの印象は?

高校時代みたいにギア比制限もなく、一気にレースのスピードがあがりレースの展開が変わった気がします。
また、自分が所属していた北桑田高校時代の先輩や同期のメンバーが違うチーム(大学)で走っていることに少し変な感じがありました。

10547929_1463416223914015_5928742713460598894_o
徳田兄弟の一員として北桑田高校の頃から活躍していた徳田匠選手(2014.8.16 JOCにて) Photo by F.Fukai
15168738_1215119348579197_8668184047269321789_o
全日本オムニアムの徳田選匠手。その後方に北桑田高校の先輩である草場啓吾選手(日本大学)が並ぶ。(2016.11.20)

Q:キャンパスライフはどうですか?
自転車競技部以外の他の部活に所属する友達も多くでき、毎日楽しく過ごしています。
大学の授業は体育大学なので身体の仕組みなどを学べる授業がたくさんあるので興味を持って受講しています。

Q:平日の練習内容を教えてください。
朝練、夕方練をあわせて3~4時間ほど行っています。
アップダウンや風のきついコース、平坦貴重なコースなど様々なコースがあります。
自分の所属する鹿屋体育大学のある鹿児島県の大隅半島はどんな練習でもできる恵まれた地域なので10分走などのトレーニングメニューがバリエーション豊富に行えます。

Q:今シーズン印象に残っているレースは?
全日本学生選手権クリテリウムです。
大学生になり初めてのレースがこの選手権大会で結果はDNFになり、悔しい思いをした事が刺激になりました。

15259694_1789361231319511_4475995797302779071_o
インカレロード レース序盤の徳田選手(2016.8.28)
15272128_1789361234652844_3238575752004078107_o
インカレロード レース終盤の徳田選手(2016.8.28)

Q:チーム一押しの同級生は?
石井駿平選手です。
普段目は小さいですが、レースではギラギラ開き、大暴れします。彼が走るレースはアナウンスで必ず彼の名前が聞こえてきます。
そしてゾンビ並みの何発ものアタックに注目してみてもらいたいと思います。

Q:他大学の選手との交流は?
今村駿介選手(中央大学)です。
高校時代から同じナショナルチームのメンバーとして海外遠征に行くことがあり、今村選手の走りには毎回刺激を貰っています。

Q:来年、学連に加入する高校生に何かアドバイスを
高校の時とは比べ物にならない速度でレースが進みます。
冬の乗り込みやスピード強化の練習をすれば良いのではないかと思います。あと、受験頑張って下さい。

15272320_1789361311319503_9180446297714508839_o
強豪選手とポイントを争う徳田選手(2016.7.2 個人トラック ポイントレース決勝)

Q:最後にメッセージを
今シーズンはまだ終わっていませんが、1年間応援ありがとうございました。
今年は個人種目での全国優勝を目標にして取り組んで来ましたが、達成することが出来ませんでした。
来年こそは成し遂げたいと思います。
大会で見かけた際は「たくみー!」と応援よろしくお願いします!!

選手プロフィール
徳田匠 とくだたくみ 
鹿屋体育大学1年/京都府立北桑田高校

主な戦績
2016第2回アジア大学選手権 クリテリウム 2位
2016RCS第1戦飯山ラウンド クラス2 優勝
2015全日本選手権ロード Jr 6位

石原悠希(順天堂大学)


2016/11月:RCSクラス1在籍の1年生選手紹介 

Q:大学生になって初めてのシーズン、学連レースの印象は?
学連のレースは全般的に高校の時のレースと比べてチーム戦の要素が大きくなったように感じています。
大学生になってから今までよりもチームを意識して走ることが重要だと印象付きました。

15304368_1788541624734805_8912037837332656142_o
RCS第5戦 湾岸クリテリウムにて(2016.7.30)

Q:キャンパスライフはどうですか?
自分が所属する学部はスポーツなどについての勉強が多く、自転車競技にも活かせるので高校の時よりは勉強しやすいです。
順天堂大学は最初の1年間だけ寮で生活するので部活以外での友達がたくさんできてオフの時などはご飯を食べに行ったり遊びに行ったりしています。

Q:平日の練習について教えて下さい。
最近は部活の練習時間は暗くなるのが早いため、自転車競技以外のランニングやウエイトトレーニングをしています。
その他は、火曜と木曜の朝に1時間くらい監督にカーペーサーをしてもらっています。
水曜日は4年生とカフェやパン屋に練習がてら行ったり、1人の場合は千葉に山がないので自走で筑波山まで行ったりしています。

Q:石原選手は現在、RCSランキング2位につけています。逆転可能なところにいるといえますが、今シーズンもっとも印象に残っているレースは?
今シーズン、初めてRCSを走ってみて毎回、全国レベルの選手が出てくるので、ハイレベルだと感じています。

また、シーズンで1番印象に残っているレースは韓国で開催された第2回アジア大学選手権です。初めての海外のレースで戸惑いながらも個人ロードで3位に入賞できたのは自信になり、同時にアジア諸国の大学生との交流はいい思い出になりました。

15220119_1788541548068146_4988460984569319681_n
アジア大学選手権ロードの3位~6位は日本人選手が僅差でフィニッシュ。石原選手が3位を獲得した。(2016.10.16) なおページトップの写真はアジア選手権ロード クリテリウムフィニッシュシーン。
14700945_1181015385322927_7853701214628960001_o
アジア大学選手権ロード 表彰(2016.10.16)

Q:チーム一押しの同級生は?
みんな一押しですが、特に大学から自転車競技を始めた五味田選手です。練習が終わったあとローラーに乗るなど熱心に練習しています。これからどんどん伸びていくと思うので注目してみると面白いと思います。

Q:他大学の選手との交流はありますか?
慶應の大前選手や早稲田の中川選手、納屋選手、日大の武山選手、鹿屋の石井選手、明星の平林選手など…あげたら、きりがないのでこれくらいにしておきます。

Q:来年、学連に加入する高校生に何かアドバイスは?
大きなレースは高校の時より距離が伸びるので今までの練習ではカバーできないところが、自分には出てきました。
なので長い距離になっても対応できる力をつける練習をすることと、チームで協力することが勝つのは必要だと思うのでチームメイトと一緒にレースについて考えたり、そういった意識をもって走ることを大切だと思います!

Q:最後に一言メッセージを
ただ順位を上げるためだけに走るのではなく、見ている人を楽しませるくらいの走りをできるように走ろうと思うので応援よろしくお願いします!

選手プロフィール
石原悠希 いしはらゆうき 
順天堂大学1年/真岡工業高校

主な戦績
2016 RCSポイントランキング 2位(8戦終了時)
2016 アジア大学選手権 個人ロード 3位
2016 RCS第8戦 浮城のまち行田ラウンド クラス1 4位
2016 RCS第7戦 山形村ラウンド クラス1 2位
2015 高校総体 個人ロード 4位

風間 翔眞(東北学院大学)

2016/11月:RCSクラス1在籍の1年生選手紹介

Q:大学生になって初めてのシーズンですが学連レースの印象は?
他大学の選手がインカレが近づいていくにつれてどんどん速くなっていって驚きました。
どんな調整をしているのか、非常に知りたいです。
また、レース中の集団の中の雰囲気が高校時代とは違いちょっと怖かったです(>_<)

Q:大学の生活はどうですか?
キャンパスライフは充実しています部活で忙しい自分にノートを見せてくれたりなど、友人達がいつも自分を楽しませてくれます。
興味がある授業はフランス語です
少しだけなら話せると思います。

Q:平日の練習について教えてください
平日は授業が忙しくてあんまり練習という練習はしてません。
休日に追い込んで練習しています。

Q:風間選手はRCS第3戦美麻ラウンドでクラス1+2で9位でした。これはクラス2の選手では最上位の成績ですね。今シーズン印象に残っているレースはやはり美麻ですか?
RCS第3戦の美麻ラウンドのロードレースで完走できたことが印象に残ってます。
その時に千切れそうな自分に、日本体育大の小林泰正選手が励ましてくれたことがすごく嬉しかったです。

15304426_1788509894737978_1629526911821240976_o-1
小林選手が声をかけてくれたのはこの7周回目とのこと。後方が小林選手。  (2016.7.17 RCS第3戦 大町美麻ロード 7周回目 先頭集団) Photo by F.Fukai

Q:他大学で交流のある選手はいますか?
交流のある選手は渡辺将太選手(日本大学)です。
一緒に練習したりもしてます♪
また大学生になってからは小林泰正選手です。

15272150_1788509888071312_8649627362951536287_o
修善寺オープンロードでも小林選手と一緒に先頭集団を構成した(2016.5.15)

Q:来シーズン高校から学連に加入する選手に何かアドバイスを
自転車に乗ることと寝ることが好きになればいいと思います。

Q:最後に一言メッセージを
大会でチームを応援してくださるご父兄の皆様いつもありがとうございます!今シーズン以上に来シーズンの自分の走りに期待してください!!👍

13735178_1730294673892834_4960780296609551538_o
トラックレースにも出場(TRS第3戦 2016.7.16)

 

選手プロフィール
風間 翔眞 かざま しょうま 
東北学院大学1年/日本大学東北高等学校(福島県)

主な戦績
2016RCS第3戦美麻ラウンド クラス1+2 9位
2016RCS第1戦飯山ラウンド クラス3 2位

中川 拳(早稲田大学)

2016/11月:RCSクラス1在籍の1年生選手紹介

Q:大学生になって初めてのシーズンですが学連レースの印象は?
レースの運営をほぼ全て学連だけで担っていて、しかもスタッフの方々や学生委員がボランティアであることに最初驚きました。そういった方々の協力があってレースができるということに感謝しています。

また、RCS(ロードレースカップシリーズ)などのシリーズ戦の大会があることは、高校の時よりもレースを走る機会が増え、より良い経験をすることができていると感じています。

15271864_1788102518112049_584426432742516975_o
学生選手権個人ロードでも上位で完走(2016.6.12 木祖村)

Q:キャンパスライフはどうですか?
自分自身が所属している学部がスポーツ科学部なので、授業はスポーツに関連した専門的なことを学ぶことができます。
興味があることが多く、競技にも活かせる知識がたくさんあり、ためになることが多いと感じています。

Q:平日の練習について教えてください
今の時期は大きな大会がほとんど終わっているので自転車競技の練習の他にランニングをしたり、スイムをしています。
ウエイトトレーニングなども行い、様々なことをしています。

 Q:今シーズン、中川選手はインカレロードで3位入賞を果たしていますね。印象に残っているレースは?
やはり、インカレです。早稲田大学に入学し、自転車競技部に入部してからインカレに向けて、日々、練習を積み重ねていたので、ある意味1年間の集大成と言えるレースでした。

15272004_1788102434778724_8840986649811079577_o

14188611_1131709030253563_3678729773278718268_o
2016年インカレで3位に入賞

Q:チームで一押しの同級生はいますか?
短距離は田中克久選手、中長距離は納家一樹選手がイチオシです。是非、シーズン後半戦はご注目ください!

Q:最後に一言メッセージを
いつもご声援を頂きありがとうございます。
これからも観ている方々に感動を与えられるような走りができるようにこれからも精一杯走りますので、応援・ご声援宜しくお願い致します!

選手プロフィール
中川 拳 なかがわ けん 
早稲田大学1年/北海道帯広三条高校(北海道)

主な戦績
2016 ツールド北海道2016 北海道地域選抜
2016 インカレ 個人ロード 3位
2015 全日本選手権 個人ロード Jr.カテゴリ 2位
2015 インターハイ 個人ロード 5位

武山 晃輔(日本大学)

2016/11月:RCSクラス1在籍の1年生選手紹介

Q:大学生になって初めてのシーズンですが、学連レースの印象は?
高校時代と比べるとレベルが高いことを実感しています。
1番の違いはアタックや逃げなどの展開作りを作り出す事に積極的な選手がおおいと感じる点です。

15235550_1787677984821169_6398051702201931728_o
Class1で2位入賞したRCS第8戦 浮城のまち行田ラウンド(2016.11.13)

Q:今シーズン印象に残っているRCSのレースは?
RCS3戦大町美麻ラウンドです。同じ日本大学の先輩である岡本隼選手と逃げ集団を形成しました。そこからまた岡本選手が逃げ出したので、自分は集団で休みゴールスプリントすることができました。岡本選手はこのシリーズで優勝を飾りました。
自分としては自分自身が満足行く走りではなかったですが、チームで走るという事を実感できた印象的なレースの一つです。

15288455_1787682151487419_6032606836514019748_o
RCS第3戦大町美麻ラウンド 4位でフィニッシュする武山選手

15235769_1787672258155075_6107336500481345273_o
RCS第3戦大町美麻ラウンド 優勝の岡本隼選手とともに。

RCSを含む学連全体のレースの印象としては勝つべき人が勝っているなということを感じています。自分から積極的に行かなければ、上位に入り込むことはできません。

Q:平日は大学ではどんな練習を行っていますか?
朝練はロード練習を2-3時間程度、午後は施設内でパワーマックス や補強メニューなどを1時間程度行っています。 

Q:チームで一押しの同級生は?
貝原涼太選手 ポイントレースなどを走る際の回復力の高さや集団走行が苦手なため、逃げを積極的にするところなど非常に見応えがあります。
平崎雄也選手 このシーズンで確実にレベルアップしています。オフトレーニングが始まり、身体つきもよくなっているので、来シーズンはいい走りをたくさんみせてくれると思います!

Q:他大学の選手と交流は?
日本体育大学の山下祥平選手、安田開選手や鹿屋体育大学 冨尾大地選手などです。

Q:来年、入学している高校生に何かアドバイスは?
オフシーズンのトレーニングも大切だけど、練習を全くしない期間を作ってみたほうがいいと感じています。そして、大学に行くまでにはしっかりと練習を継続していくことが大切です。

Q:最後に一言メッセージを
いつも応援ありがとうございます。今年一年は年間通して安定した走りができませんでした。このオフシーズンのトレーニングをしっかりこなし、今まで以上にパワーアップして、様々なレースで活躍できるように頑張っていきます。これからもよろしくお願いします。

選手プロフィール
武山 晃輔 たけやま こうすけ 
日本大学1年/山梨県立甲府工業高等学校

主な戦績
2016 岩手国体ロードレース 成年男子 優勝
2015 全日本選手権ロード Jr.カテゴリ 3位

石井駿平(鹿屋体育大学)

2016/11月:RCSクラス1在籍の2016年度入学選手紹介

Q:大学生になって初めてのシーズンですが、学連レースの印象は?
学連のレースは高校生の頃よりもスピードが速く、レースの勝負所が沢山あったり、初めて体験することも多いのでとても新鮮な印象です。

Q:石井選手はあまりRCSは走っていませんが、初戦の飯山ラウンドでクラス2で5位、そしてインカレロードは9位と成績を残しています。今シーズンの思い出残っているレースは?
高校の時とギア比が変わり、シーズンの初めは平地でのスピードに少し翻弄されました。
シーズン中頃はチームとして走るということを意識しながら走れるようになり自分は何をやればいいかを、先輩方に教わりながら今シーズンは走り続けています。

一番印象に残っているレースはインカレのロードレースです。
初めてのインカレで選手に選ばれ、連覇のかかるチームに貢献するというプレッシャーに潰されそうになりましたが、前半のトラック競技の総合が暫定一位で残すはロード競技という状況になりました。
これだけで気持ちが少し楽になり、レースでは積極的に動くことができたと思います。

15231518_1786661331589501_855014894_o
9位でインカレ フィニッシュする石井駿平選手(2016.8.28)

中でも一番思い出に残ったのが、ゴールして皆倒れ込んでいる時、先輩方がとてもくやしそうにしている場面です。
最後のインカレにロード個人優勝させられなかった自分の実力不足もとても悔しくなりました。
この場面に立ち会えた事で、実力をつけたいと強く思うことが出来、これが一番の思い出となりました。

Q:他大学で交流のある選手はいますか?
同じ群馬出身の先輩達との交流は、大会に出る事に良くあります。
大学生になってからでは、石原選手(順天堂大)、武山選手(日大)、田川選手(明治大)などと交流することが出来ました。

15252723_1788059614783006_3454097335626802944_o
4名でほぼ同時フィニッシュを迎えたアジア大学選手権ロード。フィニッシュ直後の石井選手(2016.10.16)

Q:大学のキャンパスライフについて教えて下さい。どんな勉強をしていますか?
キャンパスライフはとても充実しています!
部活以外での交流は、在籍する大学が単科の体育大学なので同じアスリート達と同じ授業を受けて、他競技のルールや、強みを学ぶことができとても刺激になります。
興味ある授業は栄養学に興味があります。自分で食事の管理ができ、体調を整えやすくなるかと思ったからです。

Q:大学での平日の練習について教えてください。
シーズン中は、朝練が6時からで、メニューはロード練習に行きます。大体1時間半程度乗ります。また、朝練は週2でウエイトトレーニングをやっています。
放課後は、チームのメニュー練習を行っています。

Q:チーム内で一押しの同級生はいますか?
徳田匠選手です。匠は、ケイリンからロードまでこなすことが出来るとても器用な人です。走りも、とてもアグレッシブで見ている人を楽しませてくれるレースができ、結果も必ず出してくれると思います。

Q:来年、学連に加入する高校生に何かアドバイスは?
ギア比が変わるので、重いギアが踏めるように慣れればいいと思います。

Q:最後に一言メッセージを
いつも応援ありがとうございます!!
今シーズンは目立った成績を残すことが出来なかったので、来シーズンはタイトルが取れるように頑張ります!!
これからもよろしくお願いします!!

選手プロフィール
石井駿平 いしいしゅんぺい 
鹿屋体育大学1年/群馬県立前橋工業高等学校

主な戦績
2016 アジア大学選手権 個人ロード 4位
2016 インカレ 個人ロード 9位
2015 高校総体 個人ロード 6位
2015 チャレンジロード A-J1 1位

大前翔(慶應義塾大学)

2016/11月:RCSクラス1在籍の1年生選手紹介

Q:大学生になって初めてのシーズンですが、学連レースの印象は?
高校のレースよりも、平均的にスピードが一段階速い印象です。毎戦発見があり、多くのことを学んで、昨年より上手くレースを進められるようになったと思います。

Q;現在、1年生ながらRCSクラス1に在籍していますが、RCSを走ってみて感じたことはありますか?
高校の頃は全国大会でしかレースを共にしなかった他校の友人達が、関東の大学に進学して、RCSという場で毎戦顔を合わせることができるのが良いと感じています。
RCSのレースを走ってみて「勝てる」と確信できた試合は一戦もなく、毎レースともに走りごたえのある印象です。

Q:今シーズン一番印象に残っているレースは?
つい先日行われたRCS第8戦浮城のまち行田ラウンドのクラス2ですね。
2日後に生物学の大事な試験を控えており、あまり練習できていなかったのですが、スプリント前の位置どりが上手くいき、優勝することができました。

15204017_1786595288262772_2138034192_o

15042026_1206414829449649_839907382296773271_o
RCS8戦 行田ラウンドClass2Bで優勝しClass1に昇格 (2016.11.13)

余談ですが、5周目に長い釘が刺さってパンクし、後から確認したところリムを縦に貫通していました。ホイールを一枚犠牲にした以外は、良い思い出です。

Q:他大学で交流のある選手はいますか?
武山選手(日大)、沢田選手(日大)、神田選手(東海大)などとは高校時代から交流がありました。
大学生になってから仲良くなったのは石原選手(順天堂大)です。
インターハイで後半の勝ち逃げを共にしたのに、初めて話したのは大学入学後の6月くらいでした。

Q;大前選手は医学部に在籍されていますね?キャンパスライフはどうですか?
室内練しかできないようなスケジュールを覚悟していましたが、実際は、部活の全体練などにも活発に参加でき、予想より自由に動けて助かっています。
医学部生は、通常の体育会とは別に設けられた医学部体育会に加入する人がマジョリティーなので、学部の友達よりは部活の先輩や同期と過ごす時間が長いです。

一年生では基礎生物学と医療倫理学が医学と関連する学問になりますが、一般教養科目が多くてつまらないですね。来年度から本格的に始まる分子生物学が楽しみです。

Q;大学での平日の自転車競技の練習について教えてください。平日は6時半に集合して朝練をします。
内容は、3分半くらいの坂でのインターバル。水曜日、金曜日にバンク練習がある以外は、午後は予定がなく、自由に練習できるのが良いです。私の場合、自転車にかかる費用はアルバイトで捻出しているので、午後は基本的に塾講師をしています。自主練は、ローラー上での20分走や、5分のインターバルを行います。
それだけでは足りないので、通学中にペース走やスプリント練習を行って補っています。ここまで書くと相当練習できているように感じられますが、天候により練習が中止になったり、自走できなくなったりするため、時期によっては全然練習できないこともあります。

Q:チーム内で一押しの同級生はいますか?
マネージャーの蔭山です。私のトラック競技でのタイム読みは基本的に彼女にお願いしているので、正確無比なラップ計測に御刮目ください。

Q:来シーズン、高校生から学連に加入する選手たちにアドバイスできることはありますか?
高校生はトラックでの使用ギアが軽すぎるような印象があります。あとは、ベロドロームで走ったことのない選手が多くいます。学連はベロドロームでのレースが多い印象があるので、冬の間にベロドロームなどで行われる試合を沢山走り、予めベロドロームの走行感に慣れておくと、危険回避や早い段階でのTRSの昇格に繋がると思います。

12977254_1689321524656816_1711592597364785069_o
TRS第1戦 1kmTTに出場中の大前選手(2016.4.10)。 高校生の頃からウィンタートラック(静岡県車連)レースなどに出場し、ベロドロームに走り慣れていた。

ロードについては、ベルと反射板が及ぼす空気抵抗増大に早めに慣れておくと良いでしょう。これはジョークです。

最後に一言メッセージを
日頃の応援が力になっています。ありがとうございます。

選手プロフィール
大前翔 おおまえかける 
慶應義塾大学1年 /慶應義塾高等学校(神奈川県)

主な戦績
2016 RCS第8戦クラス2 優勝
JBCFいわきクリテリウム2016 E2クラスタ 優勝
2015 高校総体個人ロード 2位