タグ別アーカイブ: 朝日大学

第54回 西日本大学対抗選手権自転車競技大会

8月4日から5日にかけ大阪府岸和田競輪場で開催された本大会は9校から50名の選手がエントリー。各校のインカレ合宿や試験期間とも重なる時期となり参加人数は少なめでしたが、そのぶん密度の濃いレースが行われました。

レースは朝日大学が安定した強さをみせ総合優勝。続いて大阪経済大学、関西大学、大阪産業大学、中京大学という順位となりました。

トラック学校対抗総合表彰。朝日大学が13連覇を遂げた。

今回は選手2名以上がエントリーしていた総合順位上位4校の主将からコメントをもらいましたのでご紹介します。インカレへの思いも語っていただきました。
また、本レース学生委員として活動した西日本学連委員長の手嶋さんからもメッセージをもらっています。


■第1位 朝日大学
⻑⾕部 龍⼀主将コメント
西カレでは合宿の合間での大会ということで疲れがある中での大会でしたがみんな今出せる力をだして13連覇することができたので良かったです。
インカレでは去年総合4位だったので今年は総合優勝を目指しチーム一丸となって頑張りたいです。

チームスプリント決勝中の朝日大学。先頭が長谷部選手。

開会式では昨年度優勝の朝日大学から一旦トロフィー返還が行われた。

※朝日大学は合宿期間中でしたが参加メンバーは合宿を中断して本大会に出場し、終わり次第また戻るというスケジュールで臨んでいた由です。上記コメントも合宿中の長谷部主将よりいただきました。


■第2位 大阪経済大学
真部 拓海主将コメント
今回の西カレは出場校が少ないこともありましたが、大学対抗で2位という成績を残せたのは大変うれしく思っています。この成績が残せたのは主に1年生2人の貢献があってからこそなので感謝したいです。
インカレ(トラック)は伊豆ベロドロームということですが、ベロドを走った経験がない選手が数人います。そこのところが不安要素ではありますが、今出せる力を精一杯出して大経史上最高の結果が残せるよう頑張ります。 応援よろしくお願いします!

開会式で選手宣誓する真部主将
チームパーシュート出走前の大阪経済大学チーム(真部主将は写真左より2人目)


■第3位 関西大学
⼭神 海晴主将コメント
昨年の西カレでは3位。今年の西カレでは2位を取ろうとチーム一丸となって挑みました。しかし、結果は昨年と変わらず3位。悔しい結果となりましたが、これを糧に後輩たちが来年リベンジを果たしてくれると思います。
インカレでは個人・チームでの入賞を狙っています。目標を達成出来るよう、残された少ない時間を最善全力で過ごしていきます。応援宜しくお願い致します!

チームスプリント決勝出走前の関西大学チーム(山神主将は写真左)
チームスプリント予選中の関西大学チーム

手嶋 豊 西日本学連 学生委員長(関西大学)
今回の西日本インカレはいつも大会を仕切っている北山さんが諸事情で休まれるというアクシデントがあり、いつも北山さんの指示で動いていたのが、自分で何をしなくてはならないのかと考えて動かなくてはいけない大会でした。しかし東の学連委員の前委員長の小島さんや大人の役員の方々に色々教えてもらったりして何とか出来ました。

閉会式にて閉会を宣言する手嶋委員長

反省点としては、今回、大会の運営をしながら団体追い抜きの選手として走ったことです。運営の方に気をとられ、気持ちが作れないまま望んでしまいました。学連の仕事は大変ですが、色んな人たちと話せたりして結構楽しいです。西日本の大会はけいはんなロードと新人戦が残っているので最後まで気を引き締めて頑張っていきたいです。

チームパーシュート中の関西大学チーム(写真左から3人目が手嶋選手)

 


■第4位 大阪産業大学
源田 真也主将
今年の西カレは団体種目には出場せず、個人種目だけの出場でしたが、個人種目で表彰台に3人が乗ることができ、総合4位という結果を勝ち取る事が出来ました。
インカレでは2人がオムニアム、1㎞TTに出場し、7人がロードに出場します。 去年はトラック、ロード共に結果を残す事が出来なかった為、今年は、その悔しさを力に変えて上位入賞目指して頑張ります。 大阪産業大学をよろしくお願いします。

ポイントレースでは大阪産業大学選手が第2位(植益和行選手)、第3位(大前雄暉選手)でフィニッシュした。

 


■各種目表彰式(順不同)
全レースにおいて第1位を朝日大学選手が占める結果となりました(非エントリーの女子スプリント除く)。

男子チームパーシュート
男子チームスプリント
男子ケイリン
男子4kmIP
女子3kmIP
男子スプリント
女子スプリント
タンデムスプリント
ポイントレース
男子スクラッチ
男子1kmTT
女子500mTT

<編集後記 学連ウォッチャー:深井>
全国的に猛暑のなかでの開催となりましたが、幸いにも熱中症等の発生なく終えることができました。選手はじめレース中ずっと炎天下での執務となった競技役員や学生委員の皆様、おつかれさまでした。

西カレ2018競技役員、学生委員の皆様

IC VOICE2017:#09・鈴木天(朝日大学)

2017年8月31日(木)〜9月3日(日)、文部科学大臣杯 第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会がトラック競技・長野県松本市三才山 松本市美鈴湖自転車競技場( 333.33m)で、ロード競技・長野県大町市美麻地区 公道周回特設コース開催されます。

今回が最後のインカレとなる4年生となる学連登記選手に質問してみました。

朝日大学 4年の鈴木天(すずきたかし)選手です。福島県立修明高校出身の選手です!

Q:大学生活最後のインカレ今の心境は?
この最後のインカレで力を全て出し切り悔いの残らない走りをしたいです。

Q:過去のインカレで印象的な大会は?
去年の修善寺のCSCで行われたインカレロードで大落車があり、巻き込まれてしまいました。今年は落車に巻き込まれないようにしたいです。

学連の大会にはRCS(ロードレースカップシリーズ)や学生選手権個人ロードの大会がありますがインカレのロードは1年間の集大成で実力の試されるとても重要な競技大会だと思います。

Q:大学で自転車競技をしてきてよかった?
高校時代から比較してトラックもロードも実力が伸びたことが実感できたので、大学でも競技を続けてよかったなと思っています。

西日本地区トラックレースでは競技委員としても活躍している(2017.8.13 西カレ会場にて)

Q:同学年を代表する学連選手を3名挙げると?
岡本選手(日本大学)、荒井選手(法政大学)、小原選手(朝日大学)

Q:最後に一言メッセージを
今年のインカレも精一杯頑張りますので、朝日大学自転車競技部へのご声援宜しくお願い致します!

IC VOICE2017:#15・小原佑太(朝日大学)

2017年8月31日(木)〜9月3日(日)、文部科学大臣杯 第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会がトラック競技・長野県松本市三才山 松本市美鈴湖自転車競技場( 333.33m)で、ロード競技・長野県大町市美麻地区 公道周回特設コース開催されます。

今回が最後のインカレとなる4年生となる学連登記選手に質問してみました。

朝日大学 4年の小原佑太(おばらゆうた)選手です!  青森県の八戸工大一高出身の選手です。

Q:大学生活最後のインカレ今の心境は?
今まで通りベストを尽くすだけです。
勝っても負けても悔いだけは残さないように頑張りたいと思います。

Q:過去のインカレで印象的な大会は?
やはり去年の修善寺でのインカレですね。
朝の周回練習で落車してしまい途中リタイアしてしまったうえ、チームの皆に心配を掛けてしまいました。
手術後試合で心配で会場に戻った時、団抜きが優勝して、団抜きのメンバーと泣きあったのはとても印象深かったです。

Q:大学生自転車競技者にとってインカレとは?
学生としてインカレで勝つ事は最大の目標です。
インカレに向け全ての選手達が日々練習に励み、仕上げて来る中で勝つ事はとても名誉ある勝利だと思っています。

怪我からの復帰後、特に1kmTTで好成績をマークしている(写真は西カレ1kmTT 2017.8.13)

Q:交流のある他大学の選手は?
鹿屋の堀選手、日大の坂井選手、早稲田の後藤選手、明治の板倉選手、法政の荒井選手、中央の橋本選手など

Q:同学年を代表する学連選手を3名挙げると?
堀航輝選手(鹿屋体育大学)、岡本隼選手(日本大学)、坂井洋選手(日本大学)

Q:最後に一言メッセージを
今年は朝の周回で追突しないように気をつけるので応援よろしくお願いします!

中村賢人(朝日大学)

2017/07月:第58回全日本学生選手権トラック自転車競技大会

男子スクラッチ優勝
中村賢人 なかむらけんと
朝日大学 4年/九州学院高等学校(熊本県)

主な戦績
2017全日本学生選手権トラック 男子スクラッチ 優勝
2016インカレ 男子4kmTP 優勝メンバー
2015全日本学生個人TT 普及大会(クラス3) 優勝

全日本学生選手権の個人トラック種目で優勝することができて嬉しく思っています!

今回のレース展開としては序盤に浦田選手(朝日大学)と山下選手(日本体育大学)の三人でラップを取れたので中盤は落ち着いてレースを進める事が出来ました。

レース序盤の三人によるラップが功を奏した(写真中央が中村選手)
上記コメントの山下選手(日本体育大学)も2位でフィニッシュしている。※写真左

レースの終盤では自分はスプリント勝負が得意ではないのでどこかのタイミングで飛び出さなければいけないと思っていたところ、同じ朝日大学の佐々木選手が集団から抜け出したのでそのままゴールまでいけました。

色々なタイミングが重なり運が良かったのかもしれません(笑)
しかし一番の勝因は髪が生えた事でしょう。

ベロドロームでのレースはまだ自分は慣れていないからなのか怖いです。他の競技場と比べて怖いです。もう怖い以外何もありません。克服したいと思います…

今年は学生最後のインカレが控えています。
なので個人種目で出場出来れば、精一杯レースを楽しみたいと思います。

朝日大学のメンバーとして最後の競技生活となる今シーズン、悔いが残らないよう楽しみたいと思いますのでこれからも朝日大学自転車競技部の応援宜しくお願い致します!!!

※表紙トップ写真はフィニッシュ後クールダウン時のものです。


2016/05月:全日本学生選手権チームTT/個人TT出場選手紹介

jicc_ttt_itt_bana01

選手コメント
昨年は個人TTの普及大会(クラス3)で出場させて頂いて優勝出来た時は素直に嬉しかったですしタイム的にもあの時の自分の力を出し切れたタイムでした。

そんな中でも全体を通して見るとまだまだ自分よりも速いタイムをだす強い選手がいたので今年の個人TTではそういった選手達に勝てるように頑張りたいです。

今シーズンの目標は、インカレ出場を目標としています。

中村 賢人 なかむらけんと 
朝日大学 3年/九州学院高等学校(熊本県)

主な戦績
2015個人TT普及大会(クラス3) 優勝

外苑クリテ優勝#G3

3/12(日)に開催された第11回明治神宮外苑大学クリテリウムの大学生クラスの優勝者にコメントをもらいました!

まずは、グループ3、今年度のRCSで最終戦でRCSクラス3からクラス2昇格した優勝者の方々からの優勝コメントです!

外苑クリテリウムグループ3A優勝
早川裕紀 はやかわ ゆうき
日本大学3年/京都府立北桑田高等学校 

Q:優勝おめでとうございます。今のお気持ちは?
やっとRCSで優勝できて、クラス2に上がることが出来てとりあえず、今はホッとしています!

Q:外苑クリテリウムの雰囲気はどうでしたか?
レース会場の雰囲気が今までの学連レースの他のところとは違いました。
各大学の応援団などの声援がとても印象に残っています。

控えめなガッツポーズでトップフィニッシュする早川選手

Q:最後に一言メッセージを
ご声援ありがとうございます!今後のレースでも積極的に動けるように頑張って行きますので、引き続きご声援宜しくお願い致します!!


外苑クリテリウムグループ3B優勝
松本梧 まつもとさとる
朝日大学1年/国際学院高等学校(埼玉県)

Q:優勝おめでとうございます。今のお気持ちは?
ありがとうございます!
レースの展開は良い位置取りで、あまり足を使わず自分の得意なゴールスプリントに持ち込むことができたことで優勝することができました!
とても嬉しいです。

Q:外苑クリテリウムの雰囲気はどうでしたか?
他大学の応援団の方や観客の方々が他のレースよりたくさんいて出走前はすごく緊張してしまいました。

3人によるフィニッシュ前スプリントを制した松本選手

Q:最後に一言メッセージを
来シーズンはクラス昇格したことでクラス2に上がりレースのレベルも上がるので、練習をしっかりしていきたいと思います。
自分自身、さらに一段階成長して良い結果が残せるように努力していきたいと思いますのでご声援宜しくお願い致します!


外苑クリテリウムグループ3C優勝
富 武大 とみ たけひろ
明治大学 1年/誠英高校(山口県)

Q:優勝おめでとうございます。今のお気持ちは?
高校時代から大学に入ってからも主にトラック競技でやっていて あまりロードレースは走ったことがなかったので正直、ロードに関してはド素人だったので右も左も分からない状態でしたが一生懸命追いかけて、行ける所で行くということだけ心掛けレースに臨みました。

今回の外苑クリテリウムでの優勝は良い経験になりました!

Q:外苑クリテリウムの雰囲気はどうでしたか?
初めての外苑でした。
東京のど真ん中であるレースなので本当にすごいレースだと思います。
周りの声援や観客の人がとても多く 自転車ブームなのかなと思いました。

第2位の渡口選手を僅差でかわしフィニッシュする富選手

Q:最後に一言メッセージを
来シーズンからはRCSクラス2という事で自分の限界に挑戦し 更に上のレベルに行きたいと思います。
また私が所属する 明治大学には素晴らしい成績を残している先輩方も多いので色々教わりたいと思います!
ご声援ありがとうございました!

 

外苑クリテ出場注目選手!#01

こんにちは!学連広報委員会です!まもなく、今年度の最終レースとなる第11回明治神宮外苑クリテリウムが開催になります!

今年度、80周年を迎えた学連は、2007年に70周年記念行事大会として54年ぶりの都⼼部サーキットロードレースとして、この外苑大学クリテリウムを開催し、多くの⽅々が観戦可能な都⼼部での⼤会として継続開催されています。

2015年度 大学対抗(グループ1)は日本大学が優勝

注目の学連選手紹介!!
今大会にエントリーしている選手を一部紹介します!
過去に外苑クリテで活躍をした選手たちが外苑大学クリテリウムにむけてメッセージをくれました!


岡本隼 おかもとはやと
日本大学3年/和歌山県立和歌山北高等学校

主な成績
2015外苑クリテ 大学対抗グループ1 優勝
2016RCS第3戦 クラス1 優勝
2017アジア選手権U23ロード 優勝

Q :今年度の最終レースとなりますが、意気込みは?
昨年の外苑クリテリウムグループ1大学対抗で初優勝することが出来ました。今年も、もちろん順位は狙って行きたいですが、レースをかき乱す様な走りができたらいいと思います。

2015年度は岡本選手が1位、森口選手が3位でフィニッシュし、日本大学を優勝に導いた。

今年、大学対抗戦にでるチームメイトの沢田選手・森口選手を含め、自分もRCSのレースで優勝していてそのメンバーで大会に臨めることがとても心強く感じています。

Q:外苑大学クリテの印象は?
出場選手にとって外苑クリテはF1で言えばモナコグランプリの様な特別な大会だと思います。沢山の歓声があり応援してくださる方々との距離も近く、華のある大会だと思います。

Q:最後に一言メッセージを
今回は日本大学がチームとしても勝つためにチーム一丸となってロード練習をしてきたので、その成果が結果として出せるよう精一杯走りますので、ご声援よろしくお願いいたします!!!


鈴木天 すずきたかし
朝日大学 3年

主な戦績
2014外苑クリテ グループ2A 優勝

Q:外苑大学クリテへの意気込みを
今年度最後のレースなので気合いを入れて走りたいです。
外苑クリテリウムは歓声が走っていてもよく聞こえて楽しく走れるレースの一つです。
今大会の大学対抗戦は去年と違ってチームメイトに若い選手を起用して大会に臨む予定です。大会に向けて平地でのロード練習をメインにしてきました。

2014年度グループ2Aにてトップでフィニッシュする鈴木天選手(写真中央)

Q:チームの注目選手は?
チームメイトの永田選手(朝日大学)はトラックでもかなりの成績を残していますのでぜひ、注目してください。

Q:最後に一言メッセージを
今シーズンチーム対して大きなご声援ありがとうございました!シーズン最終戦となりますが、チーム一丸となって戦いますので、朝日大学にご声援よろしくお願いします!


森口寛己 もりぐちひろき
日本大学 3年//和歌山県立和歌山北高等学校

主な戦績
2015RCS外苑クリテリウム 大学対抗3位
2016RCS第9戦浮城・行田ラウンド 優勝

Q:今年度最後のレースへの意気込みを教えてください!
外苑大学クリテリウムは東京と言う大都会での大会なので楽しんで走りたいと思います!
大会の雰囲気も いつもの学連レースより観客の方々が多く盛り上がってる感じが好きです!

2015年度グループ1レースで集団をけん引する森口選手

Q:チームについて教えてください
今回、自分が出場する大学対抗戦のチームメイトにはスプリンターが二人がいます。
同級生の岡本選手と1年生の沢田選手です!
二人ともすごく走れるし強いので注目してもらいたいと思います!

昨年同様に、精一杯頑張るので日本大学チームの応援よろしくお願いします!


岡部 祐太 おかべ ゆうた
日本体育大学 2年/広島城北高校(広島県)

主な戦績
2015RCS外苑クリテリウム グループ2 優勝
2016RCS第1戦飯山ラウンド クラス1 優勝
2016RCS第10戦行田ラウンド クラス1 優勝

Q:外苑大学クリテの印象を教えて下さい
外苑クリテリウムは去年、グループ2で勝ったレースなのでとても良い印象です。大会自体のギャラリーが多く都会で行われるので気持ちも乗ります。

2015年度クラス2Aで優勝した岡部選手

Q:大学対抗にでるチームメンバーは?
今回の大学対抗戦にでるメンバーは1年、2年生中心のチームです。1年生の當原選手は平地での独走力や積極的な走りが見られると思います。 今回のクリテリウムは強度が高いので、練習でもレース走や高速ローテーションを行ってきました。

Q:今シーズンの印象的なレースは?
今シーズンは1月8日のRCS第10戦行田クリテリウム第2戦は印象に残ってます。成人式を蹴ってやってきてスプリントで勝つことが出来たので嬉しかったです。

レース前に野本選手とプチ成人式を行いました(笑)

その野本選手がRCS年間チャンピオン獲得したら、来年は奪いたいと思います。 当たって砕けます! 宜しくお願いします!


まだまだ注目選手がおりますので、引き続き紹介していきたいと思います!!

大会までもうすぐ!ぜひ、会場までお越しください!!

明治神宮外苑大学クリテリウムの情報は!!
 日本学生自転車競技連盟公式サイト:
http://jicf.info/

 外苑大学クリテリウム大会概要ページ:
http://jicf.info/5512/

 神宮外苑大学クリテリウム公式サイト:
http://gaiencriterium.tokyo/

特設情報サイトofficials:
http://jicf.info/officials/

 競技速報Twitter:
https://twitter.com/jicf_jimukyoku

 公式Facebookページ:
https://www.facebook.com/jicfjoho/

渡邊翔太郎(朝日大学)

2015/05月:全日本学生選手権個人TT 3位!

2016/05月:全日本学生選手権チームTT/個人TT出場選手紹介

jicc_ttt_itt_bana01

選手コメント
昨年の学生選手権チームTTでは優勝した鹿屋体育大学と9秒差で2位だったので、悔しい思いをしました。今年は前回とはメンバーは違いますが、初優勝を目指して頑張りたいと思います。

今シーズンの目標としては4km個人追い抜きで結果を残す事、そして今大会であるチームTTの優勝は大きな目標の一つです。
学連最後のシーズンでもあるので、精一杯頑張りますのでご声援宜しくお願い致します。


 

2016/04月:全日本選手権トラック ポイントレース3位

 

選手プロフィール
渡邊翔太郎 わたなべ しょうたろう
朝日大学4年

主な戦績
2016全日本学生選手権個人TT 3位
2016全日本選手権 PR 3位
2015学生選手権4kmIP 優勝
2015学生選手権個人TT 4位

中村 賢人(朝日大学)

2016/05月:全日本学生選手権チームTT/個人TT出場選手紹介

jicc_ttt_itt_bana01

選手コメント
昨年は個人TTの普及大会(クラス3)で出場させて頂いて優勝出来た時は素直に嬉しかったですしタイム的にもあの時の自分の力を出し切れたタイムでした。

そんな中でも全体を通して見るとまだまだ自分よりも速いタイムをだす強い選手がいたので今年の個人TTではそういった選手達に勝てるように頑張りたいです。

今シーズンの目標は、インカレ出場を目標としています。

中村 賢人 なかむらけんと 
朝日大学 3年/九州学院高等学校(熊本県)

主な戦績
2015個人TT普及大会(クラス3) 優勝

 

 

 

鈴木天(朝日大学)

2016/3月:外苑クリテ出場選手紹介
昨年の第9回外苑クリテのグループ2Aで積極的な走りを見せて優勝した鈴木選手です。2015RCS第1戦飯山ラウンドでも2位に入るなどの活躍をみせました。

スライド3

選手コメント
昨年の外苑クリテリウムではグループ2で優勝出来たので今年も力のある走り観客の皆さんに見せたいです。 今シーズンを振り返えると、初戦の飯山ラウンドなどシーズン初めは良い走りが出来ていましたが、夏辺りから調子を落としてしまっていたので、自分が思い描いたような活躍が出来ませんでした。 今回の外苑クリテでは大学の後輩が増えたので、先輩として立派な走りができるようにしたいと思っています。今シーズン最後の外苑クリテでは今年も逃げを狙って勢いのある走りをしたいので応援よろしくお願いします!

選手プロフィール 
鈴木天すずきたかし
朝日大学2年/福島県立修明高校

主な成績
2014神宮外苑大学クリテリウム グループ2A 優勝
2015RCS第1戦飯山ラウンド 2位

 

小原佑太(朝日大学)

2016/4月:全日本選手権トラック、1kmTTで優勝!ナショナルチャンピオン!

2016/4月:2016TRS第1戦、1kmTTで学連新記録更新!
今シーズンのチームとしての目標はやはりインカレ総合優勝です
。個人としては、インカレで優勝して3年連続表彰台の一番上に立てることを目標に頑張ります。

今年も魅せるレースを披露していきたいと思いますので応援のほどよろしくお願いいたします!

2016/3月:2015年度男子トラック部門 年間最優秀選手
松本市美鈴湖自転車競技場で行われた2015インカレのスプリント競技での優勝を果たした小原選手(朝日大学2年)。2015全日本学生選手権トラック1kmTTでは2位、東日本トラックスプリント1位とシーズンを通して好成績を収めました。シーズン初戦のTRS第1戦で走った1kmTTが今シーズンのキーポイントとなっていたようです。

受賞選手コメント
今シーズンは調子の浮き沈みが少なく、安定した走りをすることができました。結果としてこのような賞を受賞出来たことを大変嬉しく思っています。
今シーズンを振り返ると、印象に残っている大会は2015年度の初戦となったTRS第1戦伊豆ベロドロームラウンドです。この大会で初めて1kmTTで1分4秒台を出すことができました。それがきっかけで自分自身に可能性を感じることができ、今までで以上に今シーズンはきつい練習に耐えることができたのだと思っています。 自分が行うトレーニングではパワーマックスやローラーなどでもがくのは当たり前に行っていることですが、それ以上に僕はイメージトレーニングを中心に行っています。YouTubeなどの動画サイトにある過去の自分自身の走りを見直し、次のレースの展開や走り方を考えどうすれば自分の必勝パターンに持っていけるか?などを考えています。
来シーズンにむけ、これから新しく大学生になる学連で自転車競技を始める方々もいると思います。上を目指していくには自分に厳しく、周りとのコミュニケーションを大切にしてほしいと思います。また、「自主性を養うこと」も大切だと思います。チームメイトと行う全体練習だけでは強くなるにも限界があり、周りとの差を広げるのはやはり自主練習や練習に対する効率性が必要になってくると思います。どんな練習が自分に合っているのか、どんな展開が得意なのか不得意なのかを見つけることができると、能力は向上する。そう今シーズンは感じた一年でもありました。
また、来年も最優秀選手になれるように頑張りますので応援よろしくお願いいたします

選手プロフィール
小原佑太 おばらゆうた 
朝日大学2年/八戸工業大学第一高等学校(青森県)

主な戦績
2015JICF男子トラック競技部門年間最優秀選手
2015日韓対抗大学日本代表
2015インカレ SP 1位
2015全日本学生選手権トラック 1kmTT 2位
2015東日本学生トラック SP 1位