オムニアム

複数の競技の成績を点数化して、その合計得点の優劣により競う競技です。

実施種目は紆余曲折を経ていますが、現在は以下の順番で4種目を1日で行っています。(各種目のルールについてはそれぞれのリンクをクリックしてください)

第一種目:スクラッチ(男子10km/女子7.5km)
第二種目:テンポレース(男子10km/女子7.5km)
第三種目:エリミネーション
最終種目:ポイントレース(男子25km/女子20km)

過去にはインディヴィデュアルパーシュートや200mタイムトライアル、1kmタイムトライアルなどが実施されていたことがありましたが、より注目度を高めるため、観客受けする種目へ徐々にシフトしていきました。

第一種目から第三種目までは、それぞれの種目での1位の選手には40点、2位は38点、3位は36点が与えられ、4位から20位までは2点ずつ、21位以下からは1点づつ点数が差し引かれます。
最終種目のポイントレースでは、各選手は第三種目が終了した時点の得点を持ち点としてスタートし、ポイントレースで獲得した点数を加算し、合計得点の一番多かった多い選手が1位となります。

本連盟では現在、JICF International Track Cupと全日本学生オムニアム選手権(2017年新設)で行われており、2018年度のインカレより競技種目として採用されます。2012年ロンドン五輪から正式種目として採用されており、東京オリンピックをオムニアムで目指す学連トラック競技選手も多く存在します。
今後の注目度がますます高まる競技です。

JICF特設サイト