タグ別アーカイブ: 中央大学

[みどころ]文部科学大臣杯 第74回全日本大学対抗選手権自転車競技大会ロードレース競技

2017インカレロードレースで個人では武山選手が優勝、チームとしても団体優勝を果たした日本大学

大学No1を決めるワンデイロードレース!
大学自転車競技のビックイベントである文部科学大臣杯第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会(通称:インカレ)のロードレース競技が9月2日(日)に長野県大町市美麻地区 公道周回コース 1周 13.4 kmで開催されます。

大会関連情報
公式HP大会概要ページ:http://jicf.info/8233/
昨年度大会の競技結果:http://jicf.info/5960/

この1日で総合優勝が決まる戦い!
近年はトラック・ロード競技を連続して近接会場で実施することが恒例になっていましたが、後楽園競輪場でトラックを、富士スピードウェイでロードレースを開催した1972年以来、46年ぶりのトラック・ロード分離開催となります。

各大学とも、トラック競技を走ってロードレース競技もエントリーする選手にとっては例年よりも休養期間がありコンディション良い状態でロードレースに臨むことできます。

インカレの総合優勝に向けて、チーム一丸となり勝負を決める総力戦となります。
また、個人としても学生選手権個人ロードレースと並ぶ大学日本一を競うトップレベルの学生選手のみが選ばれて走ることができるレースであるため、最高峰の熱戦が期待できます。

舞台は長野県大町美麻地区!周回コース!
今回のインカレロードの決戦の舞台となるのは長野県大町市美麻地区の公道を利用した一周13.4kmの周回コースです。
距離は男子は174.2km(13周)、女子は67.0km(5周)で実施予定です。

一周の距離があるため、日本CSC5kmサーキットのような激坂はないものの、緩やかな登り坂の距離が長く、各選手は知らないうちに脚を消耗してしまいます。
下り坂はテクニカルなコーナーが少なくトップスピードを維持しやすいため、いい脚を長く使うことも要求されます。よって、生粋のクライマータイプではスピードが足りず、スプリンターのスピードだけでは押し切ることが難しい、総合力が試されるコースです。

トラック競技終了時の各大学状況
8/17-19まで文部科学大臣杯第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会(通称:インカレ)のトラック競技が伊豆ベロドロームで開催されました。男子トラック競技の総合成績は全種目で確実に得点を獲得した日本大学が75点で1位を獲得しています。
2位には56点で明治大学はが入り、3位早稲田大学53点、4位法政大学45点と続いています。ロードレース競技で多くの選手が上位でゴールできるかで得点が加算され総合優勝できるが関わってきます。
また、女子トラック競技はマディソン、チームスプリントで1位を獲得した日本体育大学44点で1位を獲得しており、2位には鹿屋体育大学が39点で追っています。こちらは接戦となっており、ロードレースの展開次第で総合優勝どのようになるのか?気になるところです。

男子注目大学・選手紹介
注目大学はトラック競技終了時点でトップに立っている日本大学は昨年同様に強力なメンバーで連覇に向かって戦いで臨んできます。
草場選手や武山選手という個人としても優勝を狙える選手とチーム戦でも有利に展開できるメンバーが揃っているチームです。

2017インカレロード優勝の武山選手(日本大学)2017全日本学生選手権個人ロードも優勝を果たしている

その日大を追う明治大は過去にインカレロードで優勝している野本選手が4年生最後のインカレで2回目のインカレロード制覇となるのかにも注目があつまります。
現在RCSリーダー孫崎選手を擁する早稲田大学も、過去のインカレで3位に入っている中川選手とともに上位を狙える力を持っています。

2018RCSの現在、リーダージャージを着る孫崎選手(早稲田大学)

西日本学連所属の京都産業大学と鹿屋体大なども今年の学生選手権でタイトルを獲得しているメンバーを揃えています。
京都産業大学は全日本学生選手権クリテリウム優勝の中井選手、鹿屋体育大学は全日本学生選手権個人ロード優勝の石井選手を擁するチームです。

2018全日本学生選手権クリテリウムで優勝した中井選手(京都産業大学)写真左

他にも学生レースやU23カテゴリで活躍する岡部選手(日体大)、佐藤選手(法政大)、尾形選手(中央大)などのメンバーにも注目があつまります。

女子注目大学・選手紹介
昨年同大会2位の中井選手(鹿屋体育大学)が中心となり展開次第では誰が勝ってもおかしくない混戦模様です。
大学対抗成績をも関係してくるため、トラック競技を終えて現在トップに立っている日本体育大学と2位につけている鹿屋体育大学の総合優勝をめぐる戦いにも注目が集まります。

2017インカレロード2位の中井選手(鹿屋体育大学)写真右端

今シーズン、1年生ながら学生選手権クリテリウムや修善寺カップで優勝を果たしている中冨選手(京都産業大学)など、若手の選手たちがどこまで上級生を追い詰めることができるか期待が高まります。

1年生ながら全日本学生選手権クリテリウムと修善寺カップで優勝している中冨選手(京都産業大学)

インカレロードに高木秀彰賞の新設
本年度のインカレロードの覇者を擁するチームには、サイクルフォトジャーナリストとして学生自転車界に多大なご貢献をされた 故 高木秀彰氏を顕彰し「高木秀彰賞」が授与されることとなりました。

高木秀彰賞の創設について

栄誉ある初代受賞チームがどの大学になるのか、こちらにも注目です。

過去から現在まで、インカレロードのチャンピオンは例外なく日本のロードレース界を背負う選手として羽ばたいてきた歴史があります。

2016インカレロードで優勝している野本選手(明治大学)直近、RCS白馬ラウンドではクラス1のレースで1位となっている

2020年東京五輪のスターが日本屈指の難コース、美麻の地で生まれるかもしれません。
大学の威信、仲間の期待を背負いつつ、己の誇りもかけた、選手たちのそれぞれの熱い戦いを、是非、ご注目ください。

 

■関連情報サイト・SNS■
日本学生自転車競技連盟公式HP:http://jicf.info/
JICF情報系HP officials:http://jicf.info/officials/
JICF競技速報Twitter:https://twitter.com/jicf_jimukyoku
JICFFacebookページ:https://www.facebook.com/jicfjoho/

第57回全日本学生選手権チーム・ロード・タイムトライアル

個人ロードTT前日の6月2日に開催されたチーム・ロード・タイムトライアル。大学ごとに4人がチームを組み、単独走の時間を競う競技です。
今年は23チームが出場。2年連続で中央大学が優勝を飾りました。
昨年も出場していた中央大学 直井駿太選手よりコメントをもらいましたので写真と共に紹介します。
第5位までのチームの写真も掲載しています。

チームロードTT表彰式

■優勝:中央大学チーム TIME:1:17’19”76
直井駿太選手コメント
今回のTTTは中央大学にとって、優勝しなければならない大会でした。

向かって左より今村駿介選手、山本哲央選手、直井駿太選手、奥村十夢選手。 今村選手と直井選手は昨年の優勝メンバー。

去年の覇者としてのプレッシャーなども重なり、私を含め、選手の意識が非常に高かった事がパフォーマンスに繋がった要因の1つと言えます。勝たなければいけない理由がある、誰かのために何かのために、そういった気持ちが私たちを勢い付けました。

レースは昨年優勝校である中央大学が先頭で出走。

しかし、特別抜きん出て私たちのパフォーマンスが高かったとは走り終わった今も思っていません。ただただ「準備」の差がリザルトに反映されただけだと思います。

機材の差が多く出るTTTに対して、機材準備といっても選手個人ではたかが知れています。
一台に何十万円もかかるTTバイクを私物として持っている選手は多くなく、毎年借り物競走状態です。
チームに対して様々なサプライヤー様、スポンサー様、協力してくれる皆様がいらっしゃったおかげで準備の「じゅ」の字が始まりました。これにはチーム一同本当に感謝しています。そして、そのような方々に優勝、連覇達成という結果で恩返しできて良かったと思います。

チームメンバーのサポートを受けながら2周目に向かう中央大学。

まだシーズン半ばで、今回の優勝はチームに強い追い風を吹かせる事ができました。
チーム悲願のインカレ優勝を果たすためにも、日々努力を続け、「闘う心」とチームメイトへの「信頼」を忘れずに過ごしていきます。
皆様のご支援ご協力、そしてご声援よろしくお願い致します。

中央大学自転車競技部 副将
直井 駿太

チームメイト、添田監督、関係者の方々と共に。

 


第2位:京都産業大学チーム TIME:1:18’30”47

1位とのタイム差+01’10”71。2周目はかなり追い上げ、中央大学チームに約14秒差まで迫っていた。

第3位:日本体育大学チーム TIME:1:20’19”17

第4位:日本大学チーム TIME:1:20’26”92

第5位:法政大学チーム TIME:1:21’00”08


<編集後記 学連ウォッチャー:深井>
このレース(個人TT含め)は数ある学連レースの中でも最も苦しい、という話を選手たちから聞きました。全チームの完走おつかれさまでした。
なお最終組で出走の神奈川工科大学。同校としては7~8年前に一度出場して以来の参加とのこと。「2年生の時からずっと出たいと思っていたこのレース、4年生になってようやく出場できました」と語る木村就広選手(写真先頭)。今回出場で多くのことが得られた由です。

2周目に向かう神奈川工科大学チーム。木村選手によれば「実践に参加してみて補給の課題などもよくわかった」とのこと。

IC VOICE2017:#11・橋本壮史(中央大学)

2017年8月31日(木)〜9月3日(日)、文部科学大臣杯 第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会がトラック競技・長野県松本市三才山 松本市美鈴湖自転車競技場( 333.33m)で、ロード競技・長野県大町市美麻地区 公道周回特設コース開催されます。

今回が最後のインカレとなる4年生となる学連登記選手に質問してみました。

中央大学 4年の橋本壮史(はしもとたけし)選手。  福島県の学校法人石川高等学校出身の選手です!

Q:大学生活最後のインカレ今の心境は?
最後ということもあり感慨深いものがあります。試合が待ち遠しいと思う自分がいれば、今のチームで戦う最後の試合でもあるので寂しく思う自分もいます。いろいろ複雑な心境です。だからこそ最後は皆で笑って終われるよう自分の役割をしっかりやろうと考えてます。

Q:インカレ前、チームの雰囲気は?
とてもいい雰囲気だと思ってます。
選手一人一々最高のパフォーマンスを発揮できる状態です。
注目して欲しい種目はチームスプリントとチームパーシュートの団体種目です。

Q:過去のインカレで印象的な大会は?
1年生の時のインカレです。
自分はインカレに出場してませんが当時の先輩方と同期の選手が4㎞チームパーシュートで大会記録及び学連記録を更新して優勝したことが一番印象に残ってます。

インカレは自転車競技を行っている学連選手、全員が各大学の誇りを胸に自身の全てを賭けて競い合うとても名誉で素晴らしい競技大会だと思います。

Q:大学で自転車競技をしてきてよかった?
よかったと思ってます。
様々な人に出会えて自分自身、人としても選手としても成長することが出来たからです。

Q:4年間で一番思い出に残る大会は?
大学3年生の時の全日本学生選手権個人トラックです。
この大会の個人種目で初の日本一になることができたからです。

2016年全日本選手権トラック 1kmTTで学連記録&大会記録を更新(2016.7.3)
Q:交流のある他大学の選手は?
同じ高校の同期ということもあり日本体育大学の大木選手と仲がよいです。

Q:他の選手の走りを見て感動したことがある?
同じ中央大学の原井選手の走りに感動したことがあります。

Q:同学年を代表する学連選手を3名挙げると?
坂井選手(日本大学 )、小原選手(朝日大学)、堀選手(鹿屋体育大学 )

Q:最後に一言メッセージを
最後のインカレ精一杯頑張るので応援よろしくお願いします!

山根将太(中央大学)

2017/07月:第58回全日本学生選手権トラック自転車競技大会

男子ケイリン優勝
山根将太 やまねしょうた
中央大学 2年/鳥取県立倉吉西高等学校

主な戦績
2017年全日本選手権トラック 男子ケイリン 優勝
2017年東日本学生選手権トラック 男子スプリント 2位

優勝選手コメント
今回の男子ケイリン決勝では絶対に優勝しないといけないという思いが強かったので勝てたのは、ほっとしました。

決勝のレースではここは行かないといけない!というところで思いきっていけたことと、中盤で自分の位置取りが最後尾になってしまっても冷静でいれたことが勝利につながったのではないかなと思います。

今まで自転車競技をやってきて個人種目での全国大会優勝は初めてだったので嬉しかったです!

また、自分が専門種目とするのは短距離種目でケイリンやスプリントなどの種目は、やはり他の種目にはないにスピード感が魅力です。

ケイリン決勝フィニッシュ。先行3選手の接戦を制した。

ベロドロームでのレースはまだ怖いという感覚があります。今回の優勝で少し自信がつきましたが、 今の実力ではインカレでは個人種目で優勝はできないので残りの期間にできることを精一杯やって優勝に近づきたいです。

今回は苦しい展開でしたがなんとか男子ケイリンで勝つことができました。
これからも頑張りますので中央大学自転車競技部を応援よろしくお願いします!!

宮本隼輔(中央大学)

2017年3月:JICF年間最優秀選手表彰
男子トラック部門受賞コメント

宮本隼輔 みやもとしゅんすけ
中央大学 4年/山口県立防府商業高等学校

Q:受賞おめでとうございます!今の心境は?
ありがとうございます!
怪我を乗り越えての受賞なのでとても嬉しいです。
復帰にあたりたくさんの方に協力していただいたので全ての方々に感謝しています。

2016インカレ男子スプリント表彰 宮本選手はケイリンでも優勝を飾り2冠達成 Photo by F.Fukai

Q:今シーズン印象に残っているレースは?
インカレの男子スプリント準決勝で明治大学の曽我選手と戦ったことはとても印象に残っています。
普段から仲良くしてもらっているので最後のインカレで戦えて嬉しかったです。
色々な場面で何度も戦っていますが戦うたびに強くなっている印象を受けていましたし、インカレの勝ち上がりも強さを見せつけていたのでとても緊張感がありました。

2016インカレ男子スプリント 先行する曽我選手(明治大学)と宮本選手(中央大学)、この年代を代表するスプリンター同士の戦いは大会を盛り上げた Photo by F.Fukai

負けられないプレッシャーを感じながらも同級生として正々堂々と楽しんで戦うことができました。

Q:普段コンディションを整えるためにやっていることは?
毎朝1人で行う30キロのロードワークを大切にしています。
決して長い距離ではありませんがペダリングや体の反応を確かめるための大切な時間です。
コンディショニングを整えるのはパワーマックスを活用しています。
朝のロードワークで感じたことを午後にパワーマックスを使ってメニューを組んでいます。
ウエイトトレーニングで身体の反応スピードをあげるトレーニングも取り入れます。

全日本学生TRS第3戦(JICF INTERNATIONAL TRACK CUP)の男子ケイリンでも外国人選手と並び表彰台にあがった宮本選手(中央大学)

Q:大学から競技を始めたばかりの選手や将来、学連に入ってくる選手に伝えたいことなどありますか?
私は人に何かを伝えられるほどの選手ではないのですが、大学から新しいスポーツ競技を始めるという覚悟を持った選手はとても尊敬しています。
そういう人は自分の意思や考えをしっかり持った人だと思うので自分を信じて頑張ることが1番だと思います。

Q:最後に一言メッセージを
大学最後の年に年間最優秀選手になれとても嬉しく思います。指導者、仲間、環境に恵まれました。
これからは自転車を職にできるよう、より一層自覚を持って取り組んで行きたいと思います。
ありがとうございました。

選手プロフィール
宮本 隼輔選手(みやもとしゅんすけ)
中央大学4年/山口県立防府商業高等学校

2016JICF男子トラック部門年間最優秀選手
2016岩手国体男子スプリント 優勝
2016インカレ男子スプリント 優勝
2016インカレ男子ケイリン 優勝

2016年8月25日-28日:文部科学大臣杯第72回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会

男子ケイリン・スプリント優勝
宮本隼輔(みやもとしゅんすけ )
中央大学 4年/山口県立防府商業高等学校

Q:優勝おめでとうございます!今の心境は?
ホッとしました!昨年、背骨を骨折して2ヶ月間の入院生活を終えた後、辛く苦しいリハビリをしましたが、宮本なら勝てるでしょ!と言う声が多く相当プレッシャーを感じていました!

プレッシャーに負けないように努力を積み重ね勝ち取った優勝なのでとても感慨深いです!

 

Q:レースの勝因につながったと思うポイントは?
ケイリン、スプリント共に力で勝ちに持っていけたと思っています。勝機を見逃さず攻め切れたこともそうですが、1番の勝因は誰よりも練習したことだと思います!

14138761_1746298925625742_4333554671604829794_o
ケイリン決勝 フィニッシュシーン。 2種目とも2位 坂井選手(日本大学)との好勝負による勝利となった。

 

Q:感謝の気持ちを伝えたい人は?
中央大学自転車競技部の同期の走り、応援が力になり良い結果を出すことができました!

14138192_1746299005625734_4973381549757476397_o
ケイリン表彰

また、たくさん心配をかけた家族にメダルをかけることができて良かったです!感謝してます!

14184372_1746302245625410_7966563778743208001_n

Q:最後に一言メッセージを
今シーズンは怪我明けのシーズンということで上手くいかないことが多くひたすら努力の1年でした。
最後に有終の美で終わることができ、やってきて良かったと感じています。
この後、今シーズンのトラックレースは都道府県大会、国体と続くのでアマチュア最後の年を最高の形で締めくくれるように頑張ります。沢山のご声援ありがとうございました!


2016年8月25日(木)〜28日(日)、文部科学大臣杯 第72回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会が会 場 静岡県伊豆市大野 日本サイクルスポーツセンター で開催されます。

16ic_bana_0001

今大会が最後のインカレとなる4年生に質問をしました。


中央大学4年の宮本 隼輔選手(みやもとしゅんすけ)。  山口県立防府商業高等学校出身です。

14002481_1737540533168248_1470242401_o

Q:最後のインカレにむけて心境は?
特に最後だからとかはなく、いつも通りに調整できています!
昨年から優勝がないので挑戦者として優勝を目指したいと思ってます!

Q:過去のインカレで印象に残っている大会は?
特別に印象に残っている大会は無いです!ですが、3年の時に出場することができず外から見た長野インカレは1番悔しい思い出です! 人それぞれ想いがあると思いますが、僕の中ではインカレは他の大会と変わりません!

Q:大学生活を自転車競技に捧げてよかった?
大学での生活はたくさんの事を経験することができているので自転車競技にだけに捧げてきた感じはありません!大学を卒業してから捧げていこうと思っています!

Q:同世代を代表する選手を3人挙げると?
徳田優選手/鹿屋体大・小林泰生選手/日体大・ 森本尊也選手/明治大

Q:最後に一言メッセージを
有終の美を飾れるように頑張ります!

選手プロフィール
宮本 隼輔選手(みやもとしゅんすけ)
中央大学4年/山口県立防府商業高等学校

外苑クリテ優勝コメント#G2

3/12(日)に開催された第11回明治神宮外苑大学クリテリウムの大学生クラスの優勝者にコメントをもらいました!

今年度のRCS最終戦男子大学生グループ2で優勝の方々からの優勝コメントです!


外苑大学クリテリウム男子大学生グループ2A優勝
直井 駿太 なおいしゅんた

中央大学 2年/茨城県立取手第一高等学校

Q:おめでとうございます!今の心境は?
ありがとうございます。
今の心境は、やっと、やっとクラス1にあがれた…と。
「神宮外苑で勝て」と周りにプレッシャーをかけられていたので、ホッとしています。

Q:外苑クリテリウムで勝利するポイントは?
・位置獲り ・冷静な判断力 ・様々な展開への対応力ですかね。

2016RCS最終戦・第11回 明治神宮外苑⼤学クリテリウム男子大学生グループ2A優勝・直井選手(中央大学)

Q:今年の外苑クリテリウムの印象はどうでしたか?
例年以上に観客数が多く感じました。
見に来てくださる観客の方々も大会の数を重ねるにつれて安全性や観戦ルールなどのマナーもしっかりされていて、大会全体の質が上がっているように思いました。

 Q:最後に一言メッセージを
見に来る大会で2位を頻発しすぎて、「あたしが応援にいると勝てないのかな…」とボヤいていた母を、今回いい意味で裏切り、嬉し涙を流してもらえたことは最高の思い出になりました。

フィニッシュ後に右手で中央の頭文字「C」マークを作り大学をアピールする直井選手

来シーズンの中央大学は更に強くなります!
個人としてもこれから次のステップで戦っていきたいと思いますのでご声援宜しくお願い致します!


外苑大学クリテリウム男子大学生グループ2A優勝
阿部将大 アベマサヒロ

鹿屋体育大学 2年/大分県立日出暘谷高校

Q:おめでとうございます!今の心境は?
大学に入って初の優勝だったので素直に嬉しいです!
外苑クリテリウムは本当にたくさん応援してくれる方々がいて楽しんで走れました。

Q:外苑クリテリウムで勝利するポイントは?
今回は最終的にスプリントにしたかったのでチームでレース途中でできる逃げを潰すこと、落車が多いので落車をしないこと、寒いのでアップを入念にすることを心がけたことが勝利につながったのかもしれません。

2016RCS最終戦・第11回 明治神宮外苑⼤学クリテリウム男子大学生グループ2B優勝・阿部選手(鹿屋体育大学)

Q:最後に一言メッセージを
チームメイトで同期の選手たちが活躍してるので負けないように来シーズンも頑張っていきたいと思います!

最終スプリントで抜け出しフィニッシュ。大学に入って初めての嬉しい優勝となった阿部選手(鹿屋体育大学)

今後とも鹿屋体育大学自転車競技部をご声援宜しくお願い致します!

外苑クリテ出場注目選手!#02

こんにちは!学連広報委員会です!まもなく、今年度の最終レースとなる第11回明治神宮外苑クリテリウムが開催になります!

注目の学連選手紹介!!
今大会にエントリーしている選手を一部紹介します!シーズンを通して活躍をした選手たちが外苑大学クリテリウムにむけてメッセージをくれました!


野本 空 のもと そら
明治大学 2年 松山工業高校

主な戦績
2015RCS年間ランキング 2位
2016RCSランキングリーダー(12戦終了時まで)
2016インカレロード 1位

Q:今大会への意気込みを
沿道での観客の方も多いので走ってる選手たちのモチベーションも高く、観ていても走っていても楽しいコースである外苑クリテリウムで今年はカッコよくゴールスプリントしたいです!!!

2015年度レース出場時の野本選手

Q:チームの注目選手を教えてください
今回、外苑クリテで明治大学チームの注目してほしい選手は隈園郷史選手です!
オフシーズンのトレーニングでロードを乗り込んだ彼はパワー、スピード、スタミナ、メンタルを兼ね備えた明治が誇るスプリンターになりました!ゴール前では圧倒的なスプリント力を発揮してくれるに違いありません!!

Q:今シーズンをふりかえると?
今シーズンを振り返って印象に残っているRCSのレースはRCS第2戦門田杯です。
プロ選手や学連で活躍する選手がたくさん出場していて、その中で積極的にレースを展開して準優勝する事が出来たことで自分の脚に少し自信がつきました!高校の先輩にも初めて勝つことが出来こともとても嬉しかったです!

現時点で2016RCSランキングリーダーを維持している。  ※2016年5月 修善寺オープンロード表彰式にて

また2年生になり他大学の選手との交流も増えてきて日体大の山下選手や岡部選手、法政の須貝選手が仲良くしてくれいると僕は勝手に思っています!

Q:最後に一言メッセージを
今年の明治神宮外苑クリテリウムは前年度の自分に負けないように頑張ります。 沿道での応援は寒いと思いますので暖かい格好でお越し下さい!そして、明治大学を贔屓目に応援お願いします笑

2015年度RCSチャンピオンは小林和希選手。明治大学のRCS 2連覇となるか、注目が集まる。


関谷 聡 せきや さとし
立教大学 3年 立教新座高等学校

主な戦績
2015学生個人TT 6位(クラス1昇格) 
2016年RCS白馬ラウンドDay2 7位
2016アジア大学選手権 大学選抜メンバー

Q:外苑大学クリテリウムの印象は?
たくさんの人に注目してもらえるようにアグレッシブな走りをしていきたいと思っています。 外苑クリテリウムは都心で行われるレースなので観客が多く、いつもとは比べものにならないほどレースが盛り上がり走っていて楽しい印象があります。

2015年度レース出場時の関谷選手(写真中央)

Q:チームの注目ポイントを教えてください
大学対抗に出場する3人は立教新座出身なので立教新座魂みせます。
また、大学から自転車競技を始めた1年生のポテンシャルが高く2月に行った合宿で調子も良くなってるはずなのでもしかしたら誰か入賞するかもしれません。

特に1年の橘田選手に期待しています。彼は高校時代からの後輩で、クリテリウムやトラックのスクラッチを得意としています。神宮に対するモチベーションも高くいつも以上に目立つ走りを見せてくれると思います。
シーズン最終戦という事で選手全員モチベーションが上がっています。

Q:シーズンを振り返って
今シーズンはアジア大学選手権に人生で初めての国際大会で学連選抜として出場しました。前年度に学連の欧州遠征でベルギーとオランダのレースを走りましたがそれとはまた違った雰囲気がありレースを楽しむ事ができました。チームメイトとも今でも交流があり行ってよかったなと思っています。

学連選抜チームとしてアジア大学選手権ロードに出場した関谷選手(左から2人目)  CHANGNYEONG KOREA(2016.10.16)

Q:最後に一言メッセージを
また来シーズンは多忙なシーズンになると思いますが自分ができる最大限の事をして悔いが無いようにしたいです。

外苑クリテリウムでは是非、立教大学の選手にご声援よろしくお願い致します!


安田京介 やすだきょうすけ
京都産業大学 3年 北桑田高等学校

主な戦績
2016学生選手権チームTT 2位
2016学生選手権個人ロード 2位
2016インカレロード 8位

Q:ずばり今大会の目標は
めざすは優勝。のみです。

2015年度 個人ロード 2位でフィニッシュした安田選手

Q:チームの注目ポイントを3つ
殺気・強気・やる気

そしてさらに今回、大学対抗に出場するチームメイトの間瀬選手、須尭選手は4年生なので今回が学生最後のレースなので意気込みが違います。

Q:他大学で注目している選手は?
昨年、優勝した岡本選手は力強い選手なので、注目しています。

Q:今シーズンを振り返ると
今シーズンのインカレロードが一番印象的でとてもハードでした。ですので、来年は インカレロード優勝を目指します。

Q:最後に一言メッセージを
残りの学生もあと少しですので、京都産業大学を応援よろしくお願いします。 


今村駿介 いまむらしゅんすけ
中央大学 1年 祐誠高校

主な戦績
2015 ジュニア世界選手権 ポイントレース 優勝
2016アジア自転車競技選手権大会 Jrポイントレース 優勝
2016全日本自転車競技選手権大会 ポイントレース 優勝
2016 インカレ 4kmIP 2位

Q:外苑クリテリウムにむけてメッセージを
他の開催場所よりも圧倒的に観客が多い外苑クリテリウムでは観戦していて面白いレースを展開できたら自転車競技を知らない方も興味を持って頂けると思うので積極的なレースを心がけたいです。

2015年度 個人ロード レース中の今村選手

Q:チームのコンディションと注目ポイントは?
個人としても冬場多くのレースを経験しているので、状態も良くなってきています。
中央大学チームで勝ちに行けたら良いです。

大学対抗に出場する3人とも上位を狙える脚がついてると思うので、ゴールスプリントにも、逃げにも自信があります、後は、寮で3人で同じ部屋なのでチームワークは、抜群だと思います!

Q:他大学の要注意チームは?
他大学で注目している選手は昨年度、優勝している日本大学の岡本選手です。日本大学には同期の沢田選手もいてトップスピードは、強く、みんな強いのでレースをしっかり見ながら走れれば良い結果がついてくるかと思います!

Q:今シーズンをふりかえると
今シーズンを振り返ってナショナルチームのメンバーとしてオランダで開催されたW杯で最終19位でレースを終えた事が印象に残っています。自分の力を改めて知り刺激が入りました。

Q:最後に一言メッセージを
これからは強いレースをして勝ちに行けたら良いです。 全レース勝ちに行けるよう大きなレベルアップをします。

今後とも中央大学の応援宜しくお願い致します。


まだまだ注目選手がおりますので、引き続き紹介していきたいと思います!!

大会までもうすぐ!ぜひ、会場までお越しください!!

明治神宮外苑大学クリテリウムの情報は!!
 日本学生自転車競技連盟公式サイト:
http://jicf.info/

 外苑大学クリテリウム大会概要ページ:
http://jicf.info/5512/

 神宮外苑大学クリテリウム公式サイト:
http://gaiencriterium.tokyo/

特設情報サイトofficials:
http://jicf.info/officials/

 競技速報Twitter:
https://twitter.com/jicf_jimukyoku

 公式Facebookページ:
https://www.facebook.com/jicfjoho/

今村駿介(中央大学)

2016/07月:全日本学生選手権個人トラック出場選手紹介

16jicc_tr

選手コメント
学生選手権個人トラックは男子PR, マディソン 出場予定です。

ポイントレースはしっかり周りを見てポイントに絡まなければ、優勝は厳しいのでインカレを見据えて、全力で勝ちにいきたいと思います。

今シーズンは全日本選手権トラックのポイントレースを勝つことができて、良いスタートが切れたとおもいます。また、大学生になり競技大会数が増えていますが1試合1試合、目的を持って戦えてると思います。

しかし最大パワー値が、まだまだ足りてないのでしっかりウエイトトレーニングを継続して、まずはトップスピードを上げる積極的なレースができるよう心がけています。

シーズンを通してナショナルチームの遠征や、多くのレースを経験してW杯や世界選手権に出場したいという気持ちもあります。
そのために海外選手と戦うための最大パワー値と持久力を上げていきたいと思います。

志を高く持って1レースごとに課題に向かって全力で走ります。ご声援よろしくお願いします!”

選手プロフィール
今村駿介 いまむらしゅんすけ 
中央大学1年/祐誠高校(福岡県)
主な戦績
2016全日本選手権トラック PR 優勝
2016アジア自転車競技選手権大会 PR 優勝
2015ジュニア世界選手権自転車競技大会 PR 優勝
2015全国高等学校選抜自転車競技大会 PR 優勝
2015全国高等学校総合体育大会自転車競技大会 4km速度競争 優勝

2016/05月:学生選手権チームTT/個人TT出場選手紹介

jicc_ttt_itt_bana01

選手コメント
今回のロードTTは優勝する為に全力を出しきりたいと思います。
今シーズンから大学生になったので毎レースごとに、しっかり目的を持って走ることと最大パワー値をあげることと、タイムレースでの走力アップを目指したいです。中央大学としてはインカレで総合・個人・団体優勝を目標としています。

高校生から父が競輪選手だったことに影響を受けて自転車競技を始めて、昨シーズンはジュニア自転車世界選手権のポイントレースに出場し、初めてラップをし優勝する事ができたことが思い出として残っています。
これから自転車競技に興味を持ってくださる方が少しでも増やしていけるように日本記録更新など、チャレンジしてタイムを狙っていきますので応援宜しくお願いします。

選手プロフィール
今村駿介 いまむらしゅんすけ 
中央大学1年/祐誠高校(福岡県)
主な戦績
2016アジア自転車競技選手権大会 PR 優勝
2015ジュニア世界選手権自転車競技大会 PR 優勝
2015全国高等学校選抜自転車競技大会 PR 優勝
2015全国高等学校総合体育大会自転車競技大会 4km速度競争 優勝