今週末4/28は全日本学生選手権クリテリウム

今年度の学連ロードレースは先週(4/14~15)の飯山ラウンドから始まりました。続いて4月28日には「全日本学生選手権クリテリウム」が滋賀県東近江市にて開催されます。

2017年 全日本クリテ決勝戦。写真ほぼ中央(白いヘルメット)が優勝の日本大学 草場啓吾選手 Photo by Yuki Tsukamoto

「全日本選手権」の冠がつくクリテリウムレース
学連ロードレースは「全日本選手権」シリーズと「RCS」シリーズの2本立てとなっており、先週開催された飯山ラウンドは「RCS」シリーズに属します。
全日本選手権ロードレースは本クリテリウムの後に6月の個人タイムトライアル、個人ロードと続き、インカレロードまでの総獲得点で総合順位が決まります。
今年で第20回目を迎える全日本学生選手権クリテリウム。こちらのページに経緯や過去の優勝選手一覧が掲載されていますのでぜひご覧ください。
http://jicf.info/officials/jicc_crite

昨年優勝選手&今年の展開は?
2017年の本レースを制したのは男子が草場啓吾選手(日本大学)
レース後インタビュー記事はこちら

草場啓吾(日本大学)


女子の優勝は岡本二菜選手(日本体育大学)でした。
草場選手は今年もエントリーしています。

Class3含め約190名がエントリーしている今回。先週の飯山ラウンドClass1優勝の孫崎大樹選手(早稲田大学)&渡邉慶太選手(明治大学)、2017年度RCSチャンプ岡部祐太選手(日本体育大学)はじめ有力選手が多数出場です。
西日本学連所属選手の優勝確率が高い本大会ですから、地元出身として2018チャレンジロードA-U優勝の中井唯晶選手(京都産業大学)も忘れてはなりません!
さて今年の展開はいかがなりましょうか。

エントリーリストなど詳細情報はこちら
http://jicf.info/8026/


<編集後記:学連ウォッチャー深井>
昨年はレース途中で雨も降ったようですが、今年は今のところ天気の心配はなさそうですね。
なお私の方、前回は会場に行けておらず本ページの写真はYuki Tsukamoto様より提供いただきました。いつもご協力ありがとうございます。