タグ別アーカイブ: 東京大学

IC VOICE2017:#23・秋山浩杜(東京大学)

2017年8月31日(木)〜9月3日(日)、文部科学大臣杯 第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会がトラック競技・長野県松本市三才山 松本市美鈴湖自転車競技場( 333.33m)で、ロード競技・長野県大町市美麻地区 公道周回特設コース開催されます。

今回が最後のインカレとなる4年生となる学連登記選手に質問してみました。

東京大学の秋山浩杜(あきやまひろと)選手です!  和歌山県立桐蔭高校出身の選手です!

Q:大学生活最後のインカレ今の心境は?
怪我の影響のため、練習不足が否めなくなかなか厳しいですが、やれることは全力でやり切ろうと思っています。

Q:インカレ前、チームの雰囲気は?
トラックでは長岡(3年)のポイント、ロードでは東大名物生駒(M1)に注目していただきたいです。

Q:過去のインカレで印象的な大会は?
2016年インカレロード。
初めてロードレースを走るだけでなく「戦えた」ことが楽しかったです。

2016年インカレでフィニッシュする秋山選手(2016.8.28)

4年目が最後と意気込んでくるので、やはり他の大会と比べ重みが違う大会だと感じています。

Q:大学で自転車競技をしてきてよかった?
自転車競技を通じて、非常に尊敬できる人たちに出会えたこと。柿木克之・孝之氏、東大OBでもある西薗選手etc…

Q:4年間で一番思い出に残る大会は?
どれも思い出に残っているが、2017全日本選手権は苦しい中でそれなりの成績を残せたので嬉しかったです。

Q:交流のある他大学の選手は?
宮本選手(慶應義塾大)、原選手(順天堂大)、伊東選手(順天堂大)などとは交流があります。

Q:他の選手の走りを見て感動したことがある?
東大の2つ上の先輩、林さんのレースと
2014インカレポイントレースでの橋本英也選手
(感動というより圧巻ではありましたが)

Q:同学年を代表する学連選手を3名挙げると?
荒井選手(法政大学)、山本選手(鹿屋体大)、岡本選手(日本大)

Q:最後に一言メッセージを
東大チームとしてインカレを走り抜きます。
応援よろしくお願いいたします!

IC VOICE2017:#05・生駒亮汰(東京大学)

2017年8月31日(木)〜9月3日(日)、文部科学大臣杯 第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会がトラック競技・長野県松本市三才山 松本市美鈴湖自転車競技場( 333.33m)で、ロード競技・長野県大町市美麻地区 公道周回特設コース開催されます。

今回が最後のインカレとなる4年生となる学連登記選手に質問してみました。

東京大学の生駒亮汰(いこまりょうた)選手です。  東京都の筑波大学附属駒場高校出身の選手です!

Q:大学生活最後のインカレ今の心境は?
最後になるという実感は薄いですが、深層心理にはあるようで、例年に比べてかける思いは強いです。
自分の仕上がり具合も良く、非常に楽しみです。

Q:インカレ前、チームの雰囲気は?
チームからはロードレースに7人出場するということで、この4年で最多です。
練習もよく積めているので、昨年を上回る結果が出せるのではと期待しています。

 

Q:過去のインカレで印象的な大会は?
昨年の修善寺インカレロードで初めて完走を果たしたことは、非常にきつかっただけに思い出深いです。
インカレは多くの選手にとって一番の目標大会であり、強い思いが交錯し、雰囲気も格別な大会だと思います。

生駒選手は昨年のインカレでも完走を果たしている。写真はラスト2周時。(2016.8.28)

Q:大学で自転車競技をしてきてよかった?
よかったです。
元々スポーツに打ち込んでいる人に憧れがあったので、それを自分も経験することができたことは良かったと思います。 。
また、学生代表校として出場させていただいた2015ツールド北海道は、プロ選手と共にステージレースを走るという非常に貴重な経験で、その中で完走できたというのも良い思い出です。

Q:他の選手の走りを見て感動したことがある?
同じ東京大学になりますが、浦選手が2015年の個人ロードで優勝した時は本当に嬉しかったです。

Q:最後に一言メッセージを
いつも応援ありがとうございます。
最後のインカレロード、全力を尽くし、一つでも上の順位でゴールできるよう頑張ります!

浦 佑樹(東京大学)

2016/03月 2015年度男子ロード部門最優秀選手表彰
2015年シーズンに開催された選手権大会の中でも最もインパクトを与えた男子個人ロード優勝の浦選手(東京大学)。学連の競技速報Twitterでも浦選手の優勝を伝えるツイートが今シーズン最多のアクセスビュー数となりました。個人ロード優勝も東大生としての初優勝です。

選手コメント
今シーズンを象徴するレースとしてはやはり学生選手権個人ロードレースです。優勝する事ができたのは非常に嬉しかったですし、それ以上に感じたのは選手権大会という大きなレースで勝負に絡んだイチかバチかの走りをすることがここまで楽しいことだとは今まで思ったことはありませんでした。そういった意味で非常に思い出に残るレースとなりました。
今シーズンをもって学連登録が終了することになりますが、来シーズン新しく入ってくる皆さんへ伝えられる事は”楽しんで” 走ることが大事だと思います。
今まで選手として4年間レースを走らせていただけたのは、陰で大会をささえてくださっていた学連で働いていたの皆様のおかげでした。本当にありがとうございました。

選手プロフィール
 浦 佑樹 うらゆうき
 東京大学4年/筑波大附属駒場高校(東京都)

主な戦績
 2015年度 男子ロード部門年間最優秀選手
 2015全日本学生選手権個人ロード 優勝
 2015全日本学生選手権個人TT 3位