タグ別アーカイブ: 明治大学

[みどころ]文部科学大臣杯 第74回全日本大学対抗選手権自転車競技大会ロードレース競技

2017インカレロードレースで個人では武山選手が優勝、チームとしても団体優勝を果たした日本大学

大学No1を決めるワンデイロードレース!
大学自転車競技のビックイベントである文部科学大臣杯第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会(通称:インカレ)のロードレース競技が9月2日(日)に長野県大町市美麻地区 公道周回コース 1周 13.4 kmで開催されます。

大会関連情報
公式HP大会概要ページ:http://jicf.info/8233/
昨年度大会の競技結果:http://jicf.info/5960/

この1日で総合優勝が決まる戦い!
近年はトラック・ロード競技を連続して近接会場で実施することが恒例になっていましたが、後楽園競輪場でトラックを、富士スピードウェイでロードレースを開催した1972年以来、46年ぶりのトラック・ロード分離開催となります。

各大学とも、トラック競技を走ってロードレース競技もエントリーする選手にとっては例年よりも休養期間がありコンディション良い状態でロードレースに臨むことできます。

インカレの総合優勝に向けて、チーム一丸となり勝負を決める総力戦となります。
また、個人としても学生選手権個人ロードレースと並ぶ大学日本一を競うトップレベルの学生選手のみが選ばれて走ることができるレースであるため、最高峰の熱戦が期待できます。

舞台は長野県大町美麻地区!周回コース!
今回のインカレロードの決戦の舞台となるのは長野県大町市美麻地区の公道を利用した一周13.4kmの周回コースです。
距離は男子は174.2km(13周)、女子は67.0km(5周)で実施予定です。

一周の距離があるため、日本CSC5kmサーキットのような激坂はないものの、緩やかな登り坂の距離が長く、各選手は知らないうちに脚を消耗してしまいます。
下り坂はテクニカルなコーナーが少なくトップスピードを維持しやすいため、いい脚を長く使うことも要求されます。よって、生粋のクライマータイプではスピードが足りず、スプリンターのスピードだけでは押し切ることが難しい、総合力が試されるコースです。

トラック競技終了時の各大学状況
8/17-19まで文部科学大臣杯第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会(通称:インカレ)のトラック競技が伊豆ベロドロームで開催されました。男子トラック競技の総合成績は全種目で確実に得点を獲得した日本大学が75点で1位を獲得しています。
2位には56点で明治大学はが入り、3位早稲田大学53点、4位法政大学45点と続いています。ロードレース競技で多くの選手が上位でゴールできるかで得点が加算され総合優勝できるが関わってきます。
また、女子トラック競技はマディソン、チームスプリントで1位を獲得した日本体育大学44点で1位を獲得しており、2位には鹿屋体育大学が39点で追っています。こちらは接戦となっており、ロードレースの展開次第で総合優勝どのようになるのか?気になるところです。

男子注目大学・選手紹介
注目大学はトラック競技終了時点でトップに立っている日本大学は昨年同様に強力なメンバーで連覇に向かって戦いで臨んできます。
草場選手や武山選手という個人としても優勝を狙える選手とチーム戦でも有利に展開できるメンバーが揃っているチームです。

2017インカレロード優勝の武山選手(日本大学)2017全日本学生選手権個人ロードも優勝を果たしている

その日大を追う明治大は過去にインカレロードで優勝している野本選手が4年生最後のインカレで2回目のインカレロード制覇となるのかにも注目があつまります。
現在RCSリーダー孫崎選手を擁する早稲田大学も、過去のインカレで3位に入っている中川選手とともに上位を狙える力を持っています。

2018RCSの現在、リーダージャージを着る孫崎選手(早稲田大学)

西日本学連所属の京都産業大学と鹿屋体大なども今年の学生選手権でタイトルを獲得しているメンバーを揃えています。
京都産業大学は全日本学生選手権クリテリウム優勝の中井選手、鹿屋体育大学は全日本学生選手権個人ロード優勝の石井選手を擁するチームです。

2018全日本学生選手権クリテリウムで優勝した中井選手(京都産業大学)写真左

他にも学生レースやU23カテゴリで活躍する岡部選手(日体大)、佐藤選手(法政大)、尾形選手(中央大)などのメンバーにも注目があつまります。

女子注目大学・選手紹介
昨年同大会2位の中井選手(鹿屋体育大学)が中心となり展開次第では誰が勝ってもおかしくない混戦模様です。
大学対抗成績をも関係してくるため、トラック競技を終えて現在トップに立っている日本体育大学と2位につけている鹿屋体育大学の総合優勝をめぐる戦いにも注目が集まります。

2017インカレロード2位の中井選手(鹿屋体育大学)写真右端

今シーズン、1年生ながら学生選手権クリテリウムや修善寺カップで優勝を果たしている中冨選手(京都産業大学)など、若手の選手たちがどこまで上級生を追い詰めることができるか期待が高まります。

1年生ながら全日本学生選手権クリテリウムと修善寺カップで優勝している中冨選手(京都産業大学)

インカレロードに高木秀彰賞の新設
本年度のインカレロードの覇者を擁するチームには、サイクルフォトジャーナリストとして学生自転車界に多大なご貢献をされた 故 高木秀彰氏を顕彰し「高木秀彰賞」が授与されることとなりました。

高木秀彰賞の創設について

栄誉ある初代受賞チームがどの大学になるのか、こちらにも注目です。

過去から現在まで、インカレロードのチャンピオンは例外なく日本のロードレース界を背負う選手として羽ばたいてきた歴史があります。

2016インカレロードで優勝している野本選手(明治大学)直近、RCS白馬ラウンドではクラス1のレースで1位となっている

2020年東京五輪のスターが日本屈指の難コース、美麻の地で生まれるかもしれません。
大学の威信、仲間の期待を背負いつつ、己の誇りもかけた、選手たちのそれぞれの熱い戦いを、是非、ご注目ください。

 

■関連情報サイト・SNS■
日本学生自転車競技連盟公式HP:http://jicf.info/
JICF情報系HP officials:http://jicf.info/officials/
JICF競技速報Twitter:https://twitter.com/jicf_jimukyoku
JICFFacebookページ:https://www.facebook.com/jicfjoho/

IC VOICE2017:#04・板倉 玄京(明治大学)

2017年8月31日(木)〜9月3日(日)、文部科学大臣杯 第73回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会がトラック競技・長野県松本市三才山 松本市美鈴湖自転車競技場( 333.33m)で、ロード競技・長野県大町市美麻地区 公道周回特設コース開催されます。

今回が最後のインカレとなる4年生となる学連登記選手に質問してみました。

明治大学 4年の板倉 玄京 (いたくら げんき)選手です。  千葉県の千葉経済大学附属高校出身の選手です!

Q:インカレ前、チームの雰囲気は?
東日本、全日本と優勝しているチームスプリント、そして昨年ロードレースで優勝し、今年2連覇がかかった野本選手に注目して下さい。

Q:過去のインカレで印象的な大会は?
1年生の時に出場したインカレで観客の多さに驚きました。
大学のOB、OGの方々や保護者などいろんな方が見に来られており、優勝した選手の大学の校歌が流れるとOBの方々も一緒に校歌を歌うというのも大学ならではの光景だと感じました。

インカレは大学対抗選手権という名前の通り、大学の総合力、団結力が1年間でどれだけ強くなったかが試される大会である為、特に4年生にとっては特別な意味がある大会だと思います。

Q:大学で自転車競技をしてきてよかった?
自転車を続けてきて良かったと感じています。
大学に来たことで自分の長所を必要としてくれる環境があった事、その長所を伸ばす事が出来たことによってナショナルチームにも呼んで頂く事が出来たからです。

Q:4年間で一番思い出に残る大会は?
今年の全日本選手権が思い出に残っています。

理由としては大学1年生の時からチームスプリントで優勝したいと強く思っていたので、4年目にしてその思いが叶ったことが強く自分の思い出に残っているからです。

東日本トラックのチームスプリントでも明治大学は優勝を果たしている。第1走者が板倉選手(2017.5.7)

Q:交流のある他大学の選手は?
坂井選手(日大)、堀選手(鹿屋体大)、小原選手(朝日大)、後藤選手(早稲田大)などの選手と交流があります。

Q:同学年を代表する学連選手を3名挙げると?
坂井選手(日大)、荒井選手(法政大)、岡本選手(日大)

Q:最後に一言メッセージを
両親、友人、選手保護者の皆様など本当に沢山の方々に応援していただけた事で今の自分がいると思います。
今回のインカレが学生最後の大会となってしまいますが、全力で楽しんで良い成績を残したいと思っていますので、
応援よろしくお願いします!!

外苑クリテ優勝#G3

3/12(日)に開催された第11回明治神宮外苑大学クリテリウムの大学生クラスの優勝者にコメントをもらいました!

まずは、グループ3、今年度のRCSで最終戦でRCSクラス3からクラス2昇格した優勝者の方々からの優勝コメントです!

外苑クリテリウムグループ3A優勝
早川裕紀 はやかわ ゆうき
日本大学3年/京都府立北桑田高等学校 

Q:優勝おめでとうございます。今のお気持ちは?
やっとRCSで優勝できて、クラス2に上がることが出来てとりあえず、今はホッとしています!

Q:外苑クリテリウムの雰囲気はどうでしたか?
レース会場の雰囲気が今までの学連レースの他のところとは違いました。
各大学の応援団などの声援がとても印象に残っています。

控えめなガッツポーズでトップフィニッシュする早川選手

Q:最後に一言メッセージを
ご声援ありがとうございます!今後のレースでも積極的に動けるように頑張って行きますので、引き続きご声援宜しくお願い致します!!


外苑クリテリウムグループ3B優勝
松本梧 まつもとさとる
朝日大学1年/国際学院高等学校(埼玉県)

Q:優勝おめでとうございます。今のお気持ちは?
ありがとうございます!
レースの展開は良い位置取りで、あまり足を使わず自分の得意なゴールスプリントに持ち込むことができたことで優勝することができました!
とても嬉しいです。

Q:外苑クリテリウムの雰囲気はどうでしたか?
他大学の応援団の方や観客の方々が他のレースよりたくさんいて出走前はすごく緊張してしまいました。

3人によるフィニッシュ前スプリントを制した松本選手

Q:最後に一言メッセージを
来シーズンはクラス昇格したことでクラス2に上がりレースのレベルも上がるので、練習をしっかりしていきたいと思います。
自分自身、さらに一段階成長して良い結果が残せるように努力していきたいと思いますのでご声援宜しくお願い致します!


外苑クリテリウムグループ3C優勝
富 武大 とみ たけひろ
明治大学 1年/誠英高校(山口県)

Q:優勝おめでとうございます。今のお気持ちは?
高校時代から大学に入ってからも主にトラック競技でやっていて あまりロードレースは走ったことがなかったので正直、ロードに関してはド素人だったので右も左も分からない状態でしたが一生懸命追いかけて、行ける所で行くということだけ心掛けレースに臨みました。

今回の外苑クリテリウムでの優勝は良い経験になりました!

Q:外苑クリテリウムの雰囲気はどうでしたか?
初めての外苑でした。
東京のど真ん中であるレースなので本当にすごいレースだと思います。
周りの声援や観客の人がとても多く 自転車ブームなのかなと思いました。

第2位の渡口選手を僅差でかわしフィニッシュする富選手

Q:最後に一言メッセージを
来シーズンからはRCSクラス2という事で自分の限界に挑戦し 更に上のレベルに行きたいと思います。
また私が所属する 明治大学には素晴らしい成績を残している先輩方も多いので色々教わりたいと思います!
ご声援ありがとうございました!

 

外苑クリテ出場注目選手!#06

こんにちは!学連広報委員会です!まもなく、今年度の最終レースとなる第11回明治神宮外苑クリテリウムが開催になります!

注目の学連選手紹介!!
今大会にエントリーしている選手を一部紹介します!外苑大学クリテリウムにむけてメッセージをくれました!


石原悠希 いしはらゆうき
順天堂大学 1年/栃木県立真岡工業高校

主な戦績 
2016アジア大学選手権 ロード3位 
2016RCSランキング 2位(12戦終了時) 
2016RCS第7戦 クラス1 2位 
2016RCS第8戦 クラス1 4位 
2016RCS第11戦 クラス1 2位

Q:神宮外苑大学クリテリウムにむけて意気込みを
逆転優勝の可能性もなくはないので最後まで総合を狙っていきたいと思います!
普段RCSに出場することが少ないトラックの選手も出て来るのでハイレベルなスプリントになりそうな印象です。

湾岸クリテリウムに出場中の石原選手(2016.7.30)

Q:チームの注目選手を教えてください
グループ1大学対抗に選ばれた3人は皆、RCSのクリテリウムで3位以内に入った実績があるので誰が行っても優勝を狙えるメンバーだと思います。
チーム内で特に注目して欲しい選手は蠣崎選手です。
クリテシーズンに入り勢いづいているので見ていて楽しい走りをしてくれると思います!

Q:他大学で注目している選手は?
注目している選手は明治大学の野本選手です。(現在RCSランキング1位野本選手、2位に石原選手がつけています)
もちろん優勝を狙って走りますが最後まで点差を縮められるように絶対に野本選手より先にゴールしたいです(笑)

Q:今シーズンで印象に残っているRCSレースは?
RCS11戦の行田クリテ3戦目です。
苦手としていたスプリントで入賞(クラス1で2位)できて自分でも驚いたので印象に残りましたし、スプリント勝負でも戦えると自信にもなりました。

石原選手はアジア大学選手権ロードにも順天堂大学チームとして出場。 CHANGNYEONG KOREA(2016.10.15)

Q:最後に一言メッセージを
全てのレースで自分もしくは順天堂大学チームの誰かが表彰台に乗り続けることが来シーズンの目標です!
どんなレースでも自分が出せるだけの力を出して走ろうと思うので今後共、応援よろしくお願いします!


沢田桂太郎 さわだけいたろう
日本大学 1年/南光学園東北高等学校(宮城県)

主な戦績 
2016年アジア自転車競技選手権大会 1kmTT 優勝 
2016全日本学生選手権個人トラック SP 優勝 
2016RCS第8戦 クラス2 優勝 
2016RCS第9戦 クラス1 優勝 
2016UCIジュニアネイションズカップ ナショナルチーム

Q:神宮外苑大学クリテリウムにむけて意気込みを
1年生で外苑クリテに出場できることをとても嬉しく思います。

大学対抗優勝を目指して先輩2人と頑張りたいと思います!

昨年は見に行くことが出来ませんでしたが、動画や記事を見ていると他大学の応援団や多くのギャラリーがいることは見てわかりました。これだけ多くのギャラリーがいる中走ることが出来たら最高の気分だと思います。
今後どこの会場に行ってもこんな雰囲気が出てくれば日本の自転車業界の未来も明るいなーなんて思って見たりもしています。

RCS第8戦 浮城の街 行田クリテリウムに出場中の沢田選手。Class2Aで優勝し昇格を決めた。(2016.11.13)

Q:チームの注目ポイントは?
まずロード班がレベルアップしていることです。
岡本選手は愛三工業レーシングチームにも所属し、武山選手はU23日本代表の強化指定選手になりました。
また今年入学してくる選手の中にも即戦力になる選手がいると思うので活躍が楽しみ期待されます。

Q:チームの注目選手は?
総合力があり常に無敵状態の岡本先輩です。
僕が見ている印象としては常に仕上がっていると言った印象を受けます。神宮クリテでも活躍してくれると思います。
注目ポイントは走りもそうですが、独特な前乗りの攻めのフォームと常に冷静な表情を見て頂きたいです!

Q:他大学で注目している選手は?
鹿屋体育大学の黒枝選手です。
黒枝選手は見ていてスプリントまでの位置取りがとてもうまく短いスプリントには強い選手なので最終局面で集団に残っているとなると、僕としては怖い存在になると思います。

Q:今シーズン印象に残っているレースは?
やはり、インカレが印象に残っています。
初のインカレは自分だけではなくチームの為に戦い勝つという感じだったので背負うものが高校までとは全く違いました。
今シーズンは様々なレースに出ましたが、インカレに対する思いは1番だったと思います。
来シーズンはインカレで優勝して、その先に繋げていきたいです。

Q:最後に一言メッセージを
いつも応援して頂いているみなさんありがとうございます!
今年は昨年以上に頑張っていきたいと思いますので今後も日本大学をご声援よろしくお願い致します!


松本祐典 まつもとゆうすけ
明治大学3年/京都府立北桑田高校

主な戦績 
2014全日本選手権ロードJr 優勝 
2015ツアー・オブ・ジャパン 日本代表メンバー 
2016全日本学生選手権個人ロード 3位 
2016全日本選手権ロードU23 3位

Q:神宮外苑大学クリテリウムにむけて意気込みを
昨年、明治神宮外苑大学クリテリウムを走らせていただき、
ホームストレートが日本初のアスファルト舗装路らしいので、走りながら歴史を感じました。
今年もチームメイトと共に楽しんで走りたいと思います!!

2015年度 外苑クリテに出場中の松本選手

Q:チームの注目選手は?
小林和希さんです。昨年のRCS年間総合チャンピオンであり、全日本選手権のスクラッチナショナルチャンピオンでもあります。
小林さんはこれが最後の学連でのレースになると思うので、その走りに注目してもらいたいです!

Q:他大学で注目している選手は?
日本大学の岡本選手と鹿屋体育大学の黒枝選手です。

岡本選手は小学校の頃、MTBを通して仲良くなり、去年はU23ロード日本代表で海外遠征に行き、共に戦いました。
黒枝選手はジュニアの頃からロード日本代表で一緒に合宿や遠征に行きました。今も頻繁に連絡を取り合うくらいずっと付き合いのある選手です。
二人ともスプリントが得意で、自分も対抗できる策を練りたいと思います。

Q:今シーズン印象に残っているレースは?
やはりインカレロードです。明治大学ロード班の集大成でした。
インカレ前から学生選手権個人ロードや全日本選手権でもチームの総合力を見せ、何人も上位に食い込むことができました。
インカレでもかなりマークされましたがその中でも一人ひとりが役割を果たし、野本選手が勝利を勝ち取ってくれました。
明治大学ロード班は互いをライバル視し、また尊敬もし合える関係性を築いています。
それにより、モチベーションをあげ、互いをより成長させることができたと考えています。まさに「明治らしさ」が輝いた瞬間だと思います。

Q:最後に一言メッセージを
明治大学自転車部を応援してくださっている方々、いつもありがとうございます。
今年は最強世代の4年生が抜け、かなり厳しくはなると思います。しかし、主将の眞砂、副将の松本、板倉の三人でチームを引っ張り、去年を越える走りをしていきます。

明治大学自転車部の強みは、成長と、チーム力です。
高校のときはそこまで成績を出せていなかった選手たちが明治大学に入学してから結果を出せる選手が大勢います。

部内で切磋琢磨し、成長しながら一つになっていける環境が持ち味で、そんなところをレースを通じて皆さんに見てもらえれば嬉しいです!


■明治神宮外苑大学クリテリウムの情報は■
 日本学生自転車競技連盟公式サイト:
http://jicf.info/

 外苑大学クリテリウム大会概要ページ:
http://jicf.info/5512/

 神宮外苑大学クリテリウム公式サイト:
http://gaiencriterium.tokyo/

特設情報サイトofficials:
http://jicf.info/officials/

 競技速報Twitter:
https://twitter.com/jicf_jimukyoku

 公式Facebookページ:
https://www.facebook.com/jicfjoho/

外苑クリテ出場注目選手!#02

こんにちは!学連広報委員会です!まもなく、今年度の最終レースとなる第11回明治神宮外苑クリテリウムが開催になります!

注目の学連選手紹介!!
今大会にエントリーしている選手を一部紹介します!シーズンを通して活躍をした選手たちが外苑大学クリテリウムにむけてメッセージをくれました!


野本 空 のもと そら
明治大学 2年 松山工業高校

主な戦績
2015RCS年間ランキング 2位
2016RCSランキングリーダー(12戦終了時まで)
2016インカレロード 1位

Q:今大会への意気込みを
沿道での観客の方も多いので走ってる選手たちのモチベーションも高く、観ていても走っていても楽しいコースである外苑クリテリウムで今年はカッコよくゴールスプリントしたいです!!!

2015年度レース出場時の野本選手

Q:チームの注目選手を教えてください
今回、外苑クリテで明治大学チームの注目してほしい選手は隈園郷史選手です!
オフシーズンのトレーニングでロードを乗り込んだ彼はパワー、スピード、スタミナ、メンタルを兼ね備えた明治が誇るスプリンターになりました!ゴール前では圧倒的なスプリント力を発揮してくれるに違いありません!!

Q:今シーズンをふりかえると?
今シーズンを振り返って印象に残っているRCSのレースはRCS第2戦門田杯です。
プロ選手や学連で活躍する選手がたくさん出場していて、その中で積極的にレースを展開して準優勝する事が出来たことで自分の脚に少し自信がつきました!高校の先輩にも初めて勝つことが出来こともとても嬉しかったです!

現時点で2016RCSランキングリーダーを維持している。  ※2016年5月 修善寺オープンロード表彰式にて

また2年生になり他大学の選手との交流も増えてきて日体大の山下選手や岡部選手、法政の須貝選手が仲良くしてくれいると僕は勝手に思っています!

Q:最後に一言メッセージを
今年の明治神宮外苑クリテリウムは前年度の自分に負けないように頑張ります。 沿道での応援は寒いと思いますので暖かい格好でお越し下さい!そして、明治大学を贔屓目に応援お願いします笑

2015年度RCSチャンピオンは小林和希選手。明治大学のRCS 2連覇となるか、注目が集まる。


関谷 聡 せきや さとし
立教大学 3年 立教新座高等学校

主な戦績
2015学生個人TT 6位(クラス1昇格) 
2016年RCS白馬ラウンドDay2 7位
2016アジア大学選手権 大学選抜メンバー

Q:外苑大学クリテリウムの印象は?
たくさんの人に注目してもらえるようにアグレッシブな走りをしていきたいと思っています。 外苑クリテリウムは都心で行われるレースなので観客が多く、いつもとは比べものにならないほどレースが盛り上がり走っていて楽しい印象があります。

2015年度レース出場時の関谷選手(写真中央)

Q:チームの注目ポイントを教えてください
大学対抗に出場する3人は立教新座出身なので立教新座魂みせます。
また、大学から自転車競技を始めた1年生のポテンシャルが高く2月に行った合宿で調子も良くなってるはずなのでもしかしたら誰か入賞するかもしれません。

特に1年の橘田選手に期待しています。彼は高校時代からの後輩で、クリテリウムやトラックのスクラッチを得意としています。神宮に対するモチベーションも高くいつも以上に目立つ走りを見せてくれると思います。
シーズン最終戦という事で選手全員モチベーションが上がっています。

Q:シーズンを振り返って
今シーズンはアジア大学選手権に人生で初めての国際大会で学連選抜として出場しました。前年度に学連の欧州遠征でベルギーとオランダのレースを走りましたがそれとはまた違った雰囲気がありレースを楽しむ事ができました。チームメイトとも今でも交流があり行ってよかったなと思っています。

学連選抜チームとしてアジア大学選手権ロードに出場した関谷選手(左から2人目)  CHANGNYEONG KOREA(2016.10.16)

Q:最後に一言メッセージを
また来シーズンは多忙なシーズンになると思いますが自分ができる最大限の事をして悔いが無いようにしたいです。

外苑クリテリウムでは是非、立教大学の選手にご声援よろしくお願い致します!


安田京介 やすだきょうすけ
京都産業大学 3年 北桑田高等学校

主な戦績
2016学生選手権チームTT 2位
2016学生選手権個人ロード 2位
2016インカレロード 8位

Q:ずばり今大会の目標は
めざすは優勝。のみです。

2015年度 個人ロード 2位でフィニッシュした安田選手

Q:チームの注目ポイントを3つ
殺気・強気・やる気

そしてさらに今回、大学対抗に出場するチームメイトの間瀬選手、須尭選手は4年生なので今回が学生最後のレースなので意気込みが違います。

Q:他大学で注目している選手は?
昨年、優勝した岡本選手は力強い選手なので、注目しています。

Q:今シーズンを振り返ると
今シーズンのインカレロードが一番印象的でとてもハードでした。ですので、来年は インカレロード優勝を目指します。

Q:最後に一言メッセージを
残りの学生もあと少しですので、京都産業大学を応援よろしくお願いします。 


今村駿介 いまむらしゅんすけ
中央大学 1年 祐誠高校

主な戦績
2015 ジュニア世界選手権 ポイントレース 優勝
2016アジア自転車競技選手権大会 Jrポイントレース 優勝
2016全日本自転車競技選手権大会 ポイントレース 優勝
2016 インカレ 4kmIP 2位

Q:外苑クリテリウムにむけてメッセージを
他の開催場所よりも圧倒的に観客が多い外苑クリテリウムでは観戦していて面白いレースを展開できたら自転車競技を知らない方も興味を持って頂けると思うので積極的なレースを心がけたいです。

2015年度 個人ロード レース中の今村選手

Q:チームのコンディションと注目ポイントは?
個人としても冬場多くのレースを経験しているので、状態も良くなってきています。
中央大学チームで勝ちに行けたら良いです。

大学対抗に出場する3人とも上位を狙える脚がついてると思うので、ゴールスプリントにも、逃げにも自信があります、後は、寮で3人で同じ部屋なのでチームワークは、抜群だと思います!

Q:他大学の要注意チームは?
他大学で注目している選手は昨年度、優勝している日本大学の岡本選手です。日本大学には同期の沢田選手もいてトップスピードは、強く、みんな強いのでレースをしっかり見ながら走れれば良い結果がついてくるかと思います!

Q:今シーズンをふりかえると
今シーズンを振り返ってナショナルチームのメンバーとしてオランダで開催されたW杯で最終19位でレースを終えた事が印象に残っています。自分の力を改めて知り刺激が入りました。

Q:最後に一言メッセージを
これからは強いレースをして勝ちに行けたら良いです。 全レース勝ちに行けるよう大きなレベルアップをします。

今後とも中央大学の応援宜しくお願い致します。


まだまだ注目選手がおりますので、引き続き紹介していきたいと思います!!

大会までもうすぐ!ぜひ、会場までお越しください!!

明治神宮外苑大学クリテリウムの情報は!!
 日本学生自転車競技連盟公式サイト:
http://jicf.info/

 外苑大学クリテリウム大会概要ページ:
http://jicf.info/5512/

 神宮外苑大学クリテリウム公式サイト:
http://gaiencriterium.tokyo/

特設情報サイトofficials:
http://jicf.info/officials/

 競技速報Twitter:
https://twitter.com/jicf_jimukyoku

 公式Facebookページ:
https://www.facebook.com/jicfjoho/

森本 尊也(明治大学)

2016/07月:全日本学生選手権個人トラック出場選手紹介

16jicc_tr

選手コメント
今年の学生選手権個人トラックでは出場するケイリン, タンデム 2種目優勝を目指します。

昨年の学生選手権個人トラックのケイリンでは失格になってしまい、惜しい事をしてしまったので今年は確実に決勝に乗り優勝したいです。

冬場にはしっかりとトレーニングできていたので東日本学生トラックではケイリン種目で優勝できました。
コンディションは悪くはないと思います。春からは就活であまり練習量が減り、ペースをだいぶ崩してしまいましたが大会までにはベストにします。

今シーズンの目標はインカレ優勝1つです。

今年が自転車競技人生最後の年です。やれる事は全てやって全力で挑みたいと思っておりますのでご声援よろしくお願いします!

選手プロフィール
森本 尊也 もりもと たかや 
明治大学4年/高知県立岡豊高等学校
主な戦績
2016東日本学生トラック ケイリン 優勝
2015国民体育大会ケイリン 優勝
2014全日本選手権トラック TSP 2位
2014国民体育大会 ケイリン 優勝
2013全日本学生選手権トラック タンデム 優勝

曽我圭佑(明治大学)

2016/07月:全日本学生選手権個人トラック出場選手紹介

16jicc_tr

選手コメント
 昨年の学生選手権個人トラックではケイリンで優勝する事が出来ました。

今回は男子スプリントでの出場を予定していますが目指すは、もちろん優勝です。

そして、今回地震で被災した故郷熊本に元気や勇気を与えられる走りをしたいと思います。応援よろしくお願いいたします。

昨シーズンは個人戦での優勝以降からインカレ-国体と成績を残すことができました。今回の個人戦での成績は次の大会に向けての大きな弾みになると考えています。

まずは個人戦で優勝し、最後のインカレで優勝できるよう残り少ない日々を1日1日大切に過ごしていきたいと思います。

今シーズンは熊本地震の影響で実家に帰ることが多く学連のレースにほとんど出場できていません。しかし母校・明治大学のため、故郷・熊本のためにも今自分ができることを精一杯行い、インカレまでには仕上げていきたいと思います。

今こうして自転車ができているのは両親をはじめ応援してくれる方々がいるからこそだと思っています。私にできることは期待に応えるために結果を残すことです。これからも感謝の気持ちを忘れず競技に取り組んでいきたいと思いますのでご声援宜しくお願い致します!

選手プロフィール
曽我圭佑 そがけいすけ 
明治大学/九州学院高校(熊本県)

主な戦績
15和歌山国体SP 3位 
15インカレ SP3位
15全日本学生選手権個人トラック ケイリン 優勝
13全日本学生選手権個人トラック タンデムSP 優勝

野本空(明治大学)

2016/06月:全日本学生選手権個人ロードレース出場選手紹介

第32 回 全日本学生選手権個人ロードレース大会

選手コメント
昨年の学生選手権個人ロードはレース展開が読めず、序盤から鹿屋体育大学の選手と逃げてみたり、その後も単独でブリッジを掛けたりして脚を使ってしまいスタミナを消耗して、9位入賞で終わってしまったので今年はスタミナ切れに注意しながら、昨年の経験を生かした走りで上位に食い込みたいです。

この選手権のコースは登りもあり、自分としては好きなコースレイアウトですが181kmと長丁場のレースになるのでスタミナの配分に気をつけて落ち着いて集中して走れれば良いな思います。

今シーズンに入りコンディションが良い日もあれば、悪い日もありますが昨年よりは力が付いてきたかなと思いますので、しっかりと調整して当日を迎えたいと思います。

選手紹介
野本空 のもとそら 
明治大学2年/愛媛県立松山工業高校

主な戦績
2016RCSポイントランキング 1位(RCS2戦終了時)
2016学生選手権クリテリウム 6位
2016年全日本選手権トラック スクラッチ 3位
2015年RCS総合 2位

2016/05月:全日本学生選手権チームTT/個人TT出場選手紹介

jicc_ttt_itt_bana01

 

選手コメント
学生選手権チームTTは今年が初めてなので少し緊張しますが先輩方と4人で力を合わせて優勝を目指します。
他大学の選手も昨シーズンよりレベルアップしていると思うので自分も置いて行かれないように力をつけて競技の成績を上げたいです。

今シーズンはロードでのスプリント力の向上を目標治していて、 明治大学としてはインカレの総合優勝を目指しています。


 

2016/05月:RCS第2戦 修善寺オープンロード(学連登記選手) 1位
2戦目終了時点でのRCSポイントリーダー

13246149_1049802221777578_3720783085867404260_o
2016RCS2戦目終了時、ポイントリーダーとなる Photo by F.Fukai

 

2016/03月:外苑クリテ出場選手紹介
1年生ながら、2015RCS13戦目終了時点で、同じ大学の小林選手に次いでポイントランキングで2位につけている野本選手(明治大学)。RCSでも初戦の飯山でクラス1へ昇格を果たすとその後は、表彰台に上がる事はないものの、確実に8位入賞に入り着実にポイントを伸ばし、最終戦でのRCS年間総合が小林選手との1・2フィニッシュもみえてきています。

スライド2

選手コメント
初めての神宮外苑クリテリウムなので積極的に動いていきたいです。 今シーズンを振り返り、学連登記は今年が初年度ということで自分の実力を確かめるために常に積極的なレースを心がけました。レースをする中では、時に無駄脚を使う場面も多々ありましたが自分なりには今シーズンは成長できた一年だったと思います。神宮外苑クリテリウムでは積極的に一生懸命走るので応援お願いします!!!

選手プロフィール
野本空 のもとそら
明治大学1年/松山工業高校

主な戦績
2015RCSポイントランキング 2位(13戦終了時)
2015全日本学生選手権クリテリウム 8位 
Twitter 明治大学 体育会自転車部

眞砂英作(明治大学)

2016/05月:全日本学生選手権チームTT/個人TT出場選手紹介

jicc_ttt_itt_bana01

選手コメント
昨年度は最後まで粘りチームTTで三位入賞して、ツールド北海道にも出場することができました。今年は優勝に向けてチーム一丸となって頑張ります。また、個人TTの方では昨年は入賞を逃したので入賞したいと思います。

個人としては昨年は調子の浮き沈みが激しかったので今年はコンスタントに成績を出していきたいと思っています。 またインカレ総合優勝、学生選手権個人戦・インカレで表彰台に登ることを目標にしています。

自分の競技の為に色々としてもらっている親・家族や、他にも数え切れない程の方々にお世話になっているので、その恩に報いる為にもあと1年半の競技生活を全力で取り組みたいと思いますのでご声援宜しくお願いします!

選手プロフィール
眞砂英作 まさごえいさく 
明治大学3年/香川県立高松工芸高校

主な戦績
2015全日本選手権チームTT 3位

小林和希(明治大学)

2016/04月:2016全日本選手権スクラッチ競技優勝!

12967304_1032248323532968_8392904135732749380_o


 

2016/03月:2016世界大学自転車競技選手権(WUC)出場
2015年ロードレースカップシリーズの総合優勝を獲得した小林選手。今回が海外での初レースということで、また一つ経験を積み、収穫を得て来シーズンに向けて弾みをつけてもらいたいと思います!

スライド03

選手コメント
今回は自己推薦と言う形ですが、学生日本代表に選ばれ、初の海外でのレースになるので、とても楽しみな気持ちでいっぱいです。
今シーズンのチームは一人ひとりが明確な目標を立て、伸び伸びと練習ができている環境が整っていたので一年を通して調子が安定した年でした。その結果として、2015年度のRCSの年間総合優勝をすることが出来ました。 他には3年目にして初めての完走できた学生選手権個人ロードレースが印象に残っています。全体を通しての個人としての結果は、まだまだ納得できるものではありませんでしたが、所属する明治大学としてまとまった走りができたのでとても印象に残っています。
海外でのレースは今回のWUCが初めてです。 初の海外でのレースなので、とにかく落ち着いて前の方で積極的な走りをして行きたいです。精一杯走ってきますので熱い応援よろしくお願いします。

選手プロフィール
小林和希/こばやしかずき
明治大学3年/祐誠高等学校(福岡県)
主な戦績
2015RCS総合ポイントランキング 1位
2015全日本学生選手権クリテリウム 3位 
2015和歌山国体ケイリン 2位
2014RCS総合ポイントランキング 2位

続きを読む 小林和希(明治大学)